スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

身の上話 ~ニャン吉編~

クマに続いて、ニャン吉の身の上話。
※長文です・・・。

ニャン吉は、マルヨの連れ子です。
マルヨは独身時代に、運命的にニャン吉と出会っているのです。(大げさ)

遡ること8年くらい前。
一人暮らしをしていたマルヨは1匹のノラ猫と仲良くなりました。

「サスケ」と名づけたそのネコは、
仕事から帰宅するマルヨをマンションの駐車場で毎晩待っていました。
マルヨが車から降りると、どこからともなくサスケが現れて
一緒に部屋に入ってくるのです。

そして夜はマルヨの部屋で過ごし、
朝になると出勤するマルヨとともに外に出て行きます。

そんな、独身男と野良猫の不思議な生活が続いていたある日。

サスケがマルヨのふとんの中で、赤ちゃんを産んだのです!しかも4匹!!

ネコが男だと思って「サスケ」とか呼んでいたマルヨは驚きました。
いや、そんなことより赤ちゃんネコたち、どうしよう・・・。

サスケは、1ヶ月ほどの間マルヨの部屋で
お乳を与えたりして赤ちゃんの世話をしていたのですが、
ある日マルヨに赤ちゃんを任せるかのように姿を消してしまいました。

「そのうちの1匹がニャン吉なのね・・・」と、思った方。
ズバリ、それは間違いです。

一人暮らしで働きながら赤ちゃんネコの世話をしていくことは不可能です。
マルヨは、今は閉園してしまった二子玉川の「ねこたま」を訪れ、
里親探しをお願いすることにしました。

「ねこたま」で4匹の仔ネコを託し、
一抹の寂しさを感じながらもほっとして帰ろうとしたマルヨ。
そのとき、ひとりの老婦人が近づいてきたのです。

老婦人はマルヨに言いました。
「この仔猫をもらっていただけませんか?」

えーーっと、今、4匹の仔猫を手放したところなんですけど・・・。

老婦人は、4匹の仔猫をキャリーケースに入れて持っていました。
サスケの赤ちゃんよりは大きくて、4ヶ月くらいでしょうか。

話を聞けば、「ねこたま」の里親探しでは
もっと月齢の低い子でないと受け付けてくれないので、
ここを訪れる猫好きな人の中から里親になってくれる人を
自分で探そうとしているとのこと。

ネコとおばあちゃんには滅法弱いマルヨ。
もう赤ちゃんネコではないからお留守番はできそうだし、
何とかなるだろう・・・と考え、
「じゃあ、この4匹のうち2匹は僕が引き受けます!」
ということになり、2匹の仔猫を抱えての帰宅となりました。

しかし多少勢いで引き受けてしまった感はあり、
帰りの車中では しばしボー然とするマルヨ。

2匹の仔猫との同居生活が始まりました。
ところが、1匹はまもなく部屋から脱走してしまい、帰ってきませんでした。

そして残った1匹・・・。

それが、マルヨの秘蔵っ子・ニャン吉です。

IMG_2947.jpg

ニャン吉「マルヨ、ありがとう

ニャン吉は超人見知りで、私も同居人として認めてもらうまでに
半年くらいはかかりました。今でも、マルヨと私とではかなり差別します。

でも、ニャン吉にはクマのようにノラ猫として過ごした期間はなく、
生まれてからずっと周りのヒトに愛されてきました。
そのせいか、相手に本当に気を許しているときの
「ココロの解放度」のようなものは、能天気なクマよりも大きいです。

過保護でも何でもいい。
ニャン吉の「ココロ解放中」の時間をできるだけ長くしてあげたい。
そう思いながらも、今日も何かを落として大きな音を立て、
ニャン吉のココロを逆撫でしてしまう私です。

IMG_1417.jpg

ただいま大解放中。

01:12 | 未分類 | comments (6) | trackbacks (0) | page top↑
雨がやみました。 | top | 身の上話 ~クマ編~

コメント

■こんばんは~!
コメントありがとうございました!
早速お邪魔しました。
ニャン吉ちゃんもクマちゃんも、素敵な縁があってBacoさんの同居人になったのですねぇ。
2にゃんとも幸せそうですね(*^_^*)
これからもお邪魔させていただきますね。
by: 桜 | 2006/05/21 22:52 | URL [編集] | page top↑
■マルヨさん、ポイントup↑
マルヨさんも初老のご婦人も、なんとかしてあげたいという思いで、ご自分の足で里親さんをみつける姿勢は本当にスバラシイと、ただただ感動しました。
それにしても、マルヨさんは連日のポイントアップですよ。
九州男児でしょ、優しいでしょ、行動力があるでしょ、目黒に事務所持ってるでしょ…、
わたしの中では、もう、福山雅治なんですけど。
by: hana | 2006/05/23 10:10 | URL [編集] | page top↑
だんな様・・・本当に本当に優しいっす。
そう声をかけられたら、断ることがすごく
難しいですよね。
でも、おばあちゃんもここまで大事にして
くれていると知ったら大喜びですね。

「ねこたま」も何度か行きましたが、
里親探しの制限があるとは知りませんでした。

運命の猫縁ですね♪
大事に大事にされているニャン吉様のお顔が
良いっす(涙)
by: 氷川 | 2006/05/24 23:16 | URL [編集] | page top↑
■>桜さん
お返事遅くなってごめんなさい!
ほんとに縁というのは不思議ですよね~。
しまちゃんと新入りくんも縁あって出会って、これからケンカしたり一緒に寝たり、いろいろなことがあるんでしょうね。楽しみですね!
by: Baco | 2006/05/28 12:33 | URL [編集] | page top↑
■>hana さん
お返事遅くなってごめんなさい!
マルヨ誉め殺し、ありがとうございます。実はマルヨもhanaさんのファンで、コメントをいただくといつも喜んでますi-229
ちなみに福山雅治説に共感しているのは本人のみです・・・。
by: Baco | 2006/05/28 12:40 | URL [編集] | page top↑
■>氷川さん
お返事遅くなってすまないっす。(またうつっちゃった)
ほんと、そのおばあちゃんに今のニャン吉の姿を見せたいっすね~。(しつこい?)
ただ、ニャン吉はちょっと大事に育てすぎたかも・・・とときどきマルヨは反省しているようです。

by: Baco | 2006/05/28 12:43 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://jigeguba.blog60.fc2.com/tb.php/42-dca51eef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。