スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

うちのクマちんは 世界一! 最終章 ~ クマちん、おかえり! ~

「うちのクマちんは 世界一!」シリーズ、前回の記事から ずいぶんと 間があいてしまいました。


グン太の登場以来、Bacoさんたら クマちんのこと 忘れちゃったんじゃないかしら・・・?


なんて、思っていませんか?


とんでもありません。
むしろ 今まで以上に、日々 クマの存在を 感じています。


だって、クマは 帰ってきたのですから。



demado_k.jpg
demado_g.jpg


クマを失ってから、茫然自失の 私とマルヨを支えてくれた ただひとつの光。

それは、

「クマは 絶対に私たちのところに 戻ってくる」

という 確信でした。


それは 奇跡を願う祈りでもなく、ましてや 悲しみから逃げるための口実でもなく・・・

「現在、私たちは クマを失っている」
という 残酷な事実と同じように

「でも、クマは 戻ってくるから 大丈夫」
ということもまた、私たちにとっては 同じように 事実だったのです。


HT_k.jpg
HT_g.jpg


でも・・・。

クマのいない夏が過ぎ、秋が過ぎ・・・

朝起きても 顔の横に クマがいない冬を過ごしても
まだ 戻ってきては くれません。


goronn_k.jpg
goronn_g.jpg


クマは いつ戻ってくるのだろう?


クマの夢を見ることは ほとんどありませんでしたし、
何か メッセージのようなものを 感じることもありませんでした。


ただ待っていても、ダメなんじゃない?

クマができないなら、私がメッセージを送らないと いけないんじゃない??


でも、私にできることといえば
「クマちん、はやく戻っておいで!」と あてもなく つぶやくことぐらい。


道端で 白黒ハチワレのネコに出会うと 心臓がドキドキして、
そして そのコが そのまま どこかに消えてしまうと
「今のが クマちんだったら どうしよう・・・」
なんて くよくよと思い悩んだり。


そんなとき、グン太 があらわれたのです。

 

chibi2.jpg


ひとりぼっちで泣いていた、ちっちゃな仔猫。
手を差し伸べたら、しがみつくように 手のひらにのぼってきました。


「ビビビ」と 何か感じたわけでもないし、
柄だって、自慢のタキシードじゃ ありません。

そのときは、ただ その栄養失調気味の 小さすぎる仔猫を
どうにかしなくては、それだけでした。


DSCF6740.jpg



一番最初は 出会ってから数日後、車の中での出来事。

留守番させるわけにもいかなくて、やむなく 外出先に連れて行く車中
助手席の私の膝から 肩によじ登り、ひとしきり キョロキョロと まわりを眺めた後、
私の首の後ろで 丸くなって眠ってしまったのです。

クマが はじめてうちに来たとき
同じように 車の中で 私の首の後ろで 丸くなって眠っていた情景が
一瞬にして 目の前に現れ、大げさではなく 鳥肌が立ちました。


「クマなの?」

そう思ったのは、そのときが はじめてでした。


blue_k.jpg
blue_g.jpg


それからの、忙しくも楽しい お世話の日々・・・
どうしたって クマを思い出さずには いられませんでした。

驚くほど たくさんの符合に、もはや 疑う隙さえ見つかりません。




こんなに お手手が 長かったり・・・

otete_k.jpg
otete_g.jpg




選ぶオモチャが 同じだったり・・・

yellow_k.jpg
yellow_g.jpg




顔にくっついて 眠ったり・・・

nenne_k.jpg
nenne_g.jpg




パソコンが大好きだったり・・・

PC3_k.jpg
PC3_g.jpg




パソコンや パソコンの台を かじったり・・・(コラッ!)

PC4_k.jpg
PC4_g.jpg




とにかく 自由だったり・・・

deren k
DSCF1048.jpg




ニャン吉のことが 大好きだったり・・・

DSCF2669_20090831183534.jpg
DSCF1142.jpg





そして、そして・・・



この カギしっぽ!!

sippo_k2.jpg
sippo_g2.jpg

既に お気づきの方もいらっしゃるように、グン太は クマと同じ カギしっぽなんです!




ここに挙げたのは ほんの一部。
言葉や写真では 伝えきれないことが、まだまだ あります。


クマは 元気な身体に生まれ変わって
私たちのもとに 戻ってきたんです。

そう断言してはいけない理由が あるでしょうか?


人にはそれぞれ いろいろな考え方があると思いますが、
「亡くなってからも 愛するネコとは つながっている」 ということについて
異論を唱える人は いないと思います。

私たちと クマのつながりは、こういう形で今も続いているということです。


お家に帰れば ふたりが待ってる。
そんな しあわせの日々を 私たちは 取り戻すことが出来ました。

私たちの他にも、クマちんが 戻ってくることを
心から願ってくれた方たちが たくさんいます。

きっとクマちんは あんな風だから、うろうろと 道に迷ってしまったのかもしれません。
そんなとき、みなさんの想いが クマちんを導いてくれたのだと 思っています。

本当に、ありがとうございました。


「うちのクマちんは 世界一!」シリーズは、
今回にて一旦 完結しようと思います。

とはいえ、白黒クマちんは これからも 本編に時々登場しますので
今後とも どうぞよろしく お願いしますね♪
10:07 | うちのクマちんは 世界一! | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑
ニャン吉さんの お昼寝事情。 | top | 濡れネズミ。

コメント

忘れたなんてこれっぽっちも思ってないですよ~
むしろ逆。大事に大事にあたためているのだと思ってました。
ようやくこのお話が聞けました!
前も書いたけど、今日も改めて言いたいと思います。
クマちん、おかえり!!
着替えてきたかもしれないけど
まんまクマちんじゃないですか!!
最初に、Bacoさんの首の後ろに丸まったときのBacoさんのお気持ちは
とうてい言葉にできないぐらいのものだと思います。
おかえり~本当におかえり~。
by: きょーこ | 2009/09/01 22:20 | URL [編集] | page top↑
なるほど、そういうことだったのか。
クマちん、おかえりっ!
やっと会えたね♪
知り合ったのが遅かったから、
ずっと「会いたかったのに・・・」って思ってたんだよ。
今度はしっかりと、こんなおチビの時から友達になれた(^^)
グンちゃん、末永く、よろしくにゃ♪



by: がるまあ | 2009/09/01 22:55 | URL [編集] | page top↑
きっと いつか クマくんとグン太くんのお話が聞けると思って ずっと待ってました・・・・・。
そして 今日は コトバに出来ない感動でいっぱいです♪
クマくん ちゃんと帰ってきてくれたんですね!!
寄り道しながら(?)ゆっくりと でも ちゃーんと間違うことなくBacoさんとマルヨさんのところに・・・・・。
こうゆう出会いとかつながりって ニンゲンだけで暮していたら 気づくことができないまま過ごしてしまうかもしれないことですね・・・。
とってもステキなお話を聞かせてもらえて とってもうれしいです(o^-^o)
ありがとう Bacoさん!
グン太くん、もりもりたべて クマくんみたいに大きくなるんだよ!!(*´艸`)
by: エイミー | 2009/09/02 02:50 | URL [編集] | page top↑
うふふ、そうだよねー。
グン太がまだネズミちゃんだったころから
やっぱBacoさんちの子になるんだなーって感じがちょっとあって、なーんか、来た経緯から言っても・・なーーんかありそうな気がしたのは、クマちんが帰ってきてたからなんだね^^

クマちんは白黒きちんと分けて毛皮着てたけど
やっぱクマちんだから(笑)うっかり色混ぜて着てきてしまったんだよねぇー? 

ちゃんと会えてよかったですね。^^
by: ツバッキー | 2009/09/02 11:21 | URL [編集] | page top↑
Bacoさん、おはようございます。
今日はPCの調子が悪く携帯からお邪魔しています。


感動してます…。
うまく言葉に出来ないのですが…Bacoさんの確信はなんの余地もなく
確信なんだと…
だってだってあのシンクロ写真の数々!
鳥肌ものです(もちろん感動の)

Bacoさん、ステキなお話し、ありがとうございました。
by: mc | 2009/09/03 08:49 | URL [編集] | page top↑
Bacoさんこんにちは♪
感動しました、素敵ですね(ノ_・。)ノ+。::゚。:.゚。+。
私も生まれ変わりを信じています。。
今のうちのネコと出会ったとき、
結婚前に実家で飼っていた犬とイメージがかぶり・・
「やっと会えたね」っていう気持ちでした。
想いがあれば会えるんですよね☆☆☆
グン太くん、とってもかわいいですね(^0^)
これからの成長、楽しみにしています♪♪
by: mayudora | 2009/09/04 16:15 | URL [編集] | page top↑
あのうっかりモノのクマちんがまさか尻尾を忘れずに持って来たとはねぇ!驚きました!(笑)
これじゃぁ疑いようがないじゃないねぇ^^
クマちんは本当にBacoさんとマルヨさんとニャン吉ちゃんが大好きだったのよね♪
あんまりにも早すぎるお別れに一番納得していなかったのはクマちんだったんだと思います!
きっと急いで急いで走って帰ってきたんだと思います!
よく間違わないで帰ってきてくれたよね~(笑)
お帰りクマちん♪今生はグン太として長生きしなくっちゃね!^^
by: rinko | 2009/09/04 17:11 | URL [編集] | page top↑
>Bacoより みなさんへ♪

みなさん、あたたかいコメントを ありがとうございます!
マルヨとふたり、感激して 何度も何度も 読みました。

★きょーこさん
ありがとうございます!
そうなんです、大事にあたため過ぎて
発酵してきちゃいそうだったのですが
ようやく記事にすることができました。

「クマちん、おかえり!」って、
何度でも言ってやってください!!
あ、今は となりでひっくり返って寝てるので
聞こえてないかもしれませんが(笑)

★がるまあさん
ありがとうございます!
クマと会いたかった、なんて言ってもらえると
もう どうしていいか分からないくらい 嬉しいです♪

こちらこそ、グン太をよろしくお願いします。
どちらかというと犬っぽいやつなので、
がるまあさんとは 相性がいいかも!?

★エイミーさん
待っててくださったなんて・・・ありがとうございます!
すべてのひとに理解してもらおうとは 全く思っていないのですが、
「ネコりんぼ。」に来てくださる、私にとって大切な方たちには
ちゃんと このことをお話しておきたくて・・・。

人と人との関係も、もちろん ステキなんだけれども
人と動物というのは、さらに純粋で濃縮された想いを
共有することができるのではないかと思っています。

もりもり食べて、ぐんぐん成長中です!

★ツバッキーさん
ありがとうございます!
木曾での修行を 脱走して戻ってきたのか、
修行をしたからこそ 戻ってこれたのか・・・
そのあたり、今度グン太に
じっくりと聞いてみようと思います(笑)。

グン太のおなかが 一部分だけ白いのは
白黒きちんとの面影なのかしら??

★mcさん
ありがとうございます!
携帯のことは あんまり意識してなかったので
きっと見づらいですよね~、ごめんなさい!

普通に暮らしている中でも 本当に、
クマにしか 見えないというような場面が 多々あります。
最初は 私も信じられないような思いや 驚きばかりだったのですが
最近では 「クマなんだから 当たり前♪」と思うようになりました(笑)。

こちらこそ、読んでくださって、
そして 感動を共有してくださって、
とてもうれしいです。
本当に、ありがとうございます。

★mayudora さん
mayudoraさん、こんにちは!そして、ありがとうございます♪

ランちゃんにも、そんなお話があったんですね・・・。
ランちゃんは 特に犬っぽい外見をしてるわけではないのに
出会ってすぐに そう思えたということは、
きっと 特別に強い想いを共有されていたのだと思います。

グン太の成長は、本当にあっという間で・・・
ちっちゃい頃の写真も まだまだたくさんあるので、
これからも 遡って 少しずつ載せていこうと思ってます。
メチャクチャかわいいので(笑)、楽しみにしててくださいね~!

★rinko さん
ああ、rinkoさん・・・!

そうだね、急いで走って帰ってきてくれたんだね。
平和で 楽しくて 美味しいものがいっぱいの
「虹の橋」の誘惑も振り切って、
引っ越したばかりで あまり馴染みもなかった横浜の地に
よくぞ 帰ってきてくれたものです。
それでこそ、うちの長男だ!

rinkoさん、本当に ありがとうね。
マルヨからも、ありがとう。

by: Baco | 2009/09/05 11:58 | URL [編集] | page top↑
Bacoさんからコメントいただいて、すごく心があたたかくなって
今日こちらの記事を読んでもっと嬉しくなって。(*^^*)
やっぱりそうだ、待っていれば必ず帰って来てくれるって私も確信しました!
本当にどうもありがとう。
おかえり、クマちゃん。
そしてこれからクマちゃんの分もいっぱい幸せになってね、グンちゃん。(^^)
by: まりまお | 2009/09/05 15:42 | URL [編集] | page top↑
★まりまおさん
そう言っていただけて、本当にうれしいです。
会いたいのは まりまおさんとヨシヲさんだけでなく、
まりちゃんだって同じだと思うのです。
みんなの夢の中に出てくるまりちゃん、
その想いは ハンパなさそうです!

クマに「おかえり」を ありがとうございます。
みんなに こんなにかわいがってもらえて、
クマもグン太も 幸せモノです♪
by: Baco | 2009/09/06 00:40 | URL [編集] | page top↑
Bacoさん、こんにちは^^
とっても遅くなってしまいましたが、
どうしてもコメントしたくて書いています。

本当に嬉しいお話をありがとうございました。
クマくんならBacoさんとマルヨさんの元へ
必ず帰って来てくれると思っていました。
こちらにお邪魔するといつも、クマくんから
Bacoさんとマルヨさんとニャン吉ちゃんへの「大好き!!!」の気持ちが
PCの画面から溢れるぐらい伝わってきて、
そんなクマくんが本当に大好きでした。

クマくん、お帰りなさい!
これからはグン太くんとしてまた続いていく幸せな毎日。
ちょっとお休みしてた分、グン太くんはあれもこれもしたい♪って
わくわくしていることでしょう^^
これからも世界一幸せなBacoさん一家の日々を
楽しみにしています♪
by: supiten | 2009/09/10 18:15 | URL [編集] | page top↑
★supiten さん
supitenさん、クマのこと信じててくれて
ありがとうございました!
クマとの出会いは、偶然ではありません。
クマは、自分から うちに来たのです。
だから、グン太も よちよちと 自分の力で
がんばって 来ましたよ!

ワクワクしすぎて、家の中を破壊しかねない勢いですが(笑)
相変わらず幸せそうな グン太の寝顔を見ていると
もう、何をされても怒れません!
網戸がそろそろ ヤバイけど、それがどうしたってんだ!!
by: Baco | 2009/09/13 00:59 | URL [編集] | page top↑
■はじめまして
初めておじゃましました。
本当にBacoさんの言葉、良く分かります。
グンちゃんはクマちゃんなんですね。
おかえり、クマちゃん! 良かったね、グンちゃん!
これからも、大好きな家族のもとで、
元気に幸せにね。素敵な思い出をいっぱいいっぱい作って、
クマちゃんの分まで長生きして下さい。

私も2年前保護しようとした仔猫が目の前で
車に轢かれた時、絶対見つけるから、次は幸せにするから
近所に生まれ変わっておいで、と約束しました。
その半年後、Bacoさんがグンちゃんを見つけたように、
チビチビの仔猫を保護しました。
その仔猫以外にも、2匹の猫と暮らしていますが、
それぞれに強い運命を感じています。
きっと、前世でも家族だったんじゃないかなぁ・・・と。
今日Bacoさんのブログを見て、
ウチのニャンズもいつかお別れする時が来ても、
きっと、戻って来てくれる、また会えると信じることが出来ました。
ありがとうございます。
by: necomamma | 2010/06/10 00:44 | URL [編集] | page top↑
★necomamma さん

はじめまして!

クマとグン太の物語を読んでくださって、
そして やさしいコメントをくださって、
本当にありがとうございます。

necomammaさんのところに来た チビチビ仔猫ちゃん。
ちゃんと、約束を覚えていてくれたのですね。

きっと、necomammaさんと もっともっと遊びたかったのに
それが叶わなかったから、
その想いを果たすために がんばって 戻ってきたのかも。

グン太も、病気で遊びたくても遊べなかった
あの頃の分を取り戻すかのように 日々飛び回っています。
そんな姿を見ることが出来て、私は本当にしあわせです。

necomammaさんのブログにもおじゃましますね。
今後とも よろしくお願いします。
by: Baco | 2010/06/14 23:53 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://jigeguba.blog60.fc2.com/tb.php/413-e7e0c546
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。