スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

うちのクマちんは 世界一! Vol.5~ Thank you、doctor!~

クマのようすが おかしいことに気づき、まず最初に連れて行ったのは 一番近所の動物病院。
引っ越してきたときに 場所を チェックしていたものの、もちろん はじめて訪れる病院です。

腹部エコーの映像から、99%の確率で 「悪性リンパ腫」であると すぐに診断されました。



クマ 「リンパ酒!?」

「99%」というのは 何というか言葉の綾みたいなもので、
これは要するに「間違いなく」ということです。


貧血になるときの状態って、ひとによって 違うみたいですが
私の場合は まず音が遠のいて、それから周囲が黄色に染まっていきます。

映像の説明を受けながら、私はまさに その状態になりました。

先生が途中で話をやめ、
「待合室のソファでちょっと休んでください。それから 改めてご説明します。」
と言ってくれたので、きっと顔面も蒼白だったのでしょう。

その後、少し落ち着きを取り戻して 先生の話を聞くことができました。
先生は とても誠実な方で、紙に書きながら 丁寧に説明をしてくれます。
それは、なかなか厳しいお話でした。


でも・・・。

クマが「悪性リンパ腫」?「がん」??

何かの間違いじゃない?

また、イタズラして 何かヘンなもの 飲み込んで それがエコーに写ってたんじゃない??


それは、もしかしたら 一時的な逃避だったのかもしれません。

でも、「明日からでも 治療を始めましょう」という先生に 少し待ってもらって、
セカンドオピニオンを求めることにしました。


急いで家に帰ってネットで調べて、家から車で30分くらいかかるけど
高度医療の設備が整っていて、院長が「リンパ腫の権威」だという病院を発見。
すぐに 電話で相談しました。

事情を話して、「院長に診て欲しい」とお願いすると なんとOKの返事。
院長は常駐しているわけではないので、これはとてもラッキーでした。

そして・・・

残念ながら、診断結果は同じでした。
クマは「悪性リンパ腫」なのです。

ただし、治療の方法が 大きく違いました。
詳しくは ここには書きませんが・・・

丸1日悩み、夜になっても 両方の先生に 交互に電話をかけて話したりして
最終的には 2番目に行った病院のほうに決めました。
院長は 毎日いるわけではないので、担当医は別の若い男の先生です。

病院を決めるのは、本当に悩みました。
なにしろ 引っ越してきたばかりで、
それまで診てもらった経緯や信頼関係などというものは 一切ないのです。
それぞれに メリット、デメリットがあり、
どちらに決めても いつか後悔してしまうかもしれない、とも思いました。

最終的な決め手となったのは
1)治療の方法。

2)高度医療に力を入れているので、設備がすばらしく
 例えばエコーの精度がとてもいいので 腫瘍の小さな変化も確認できる。

3)院長はじめ 経験の豊かな医師がたくさんいて、
 万が一 若い担当医が悩むような局面になっても 助けてくれるひとがたくさんいる。

4)患者数も多いので、いろいろな種類の薬剤が 常備されていて る。
 (抗がん剤は多種類あるので、ものによっては取り寄せる必要のある病院もあるそうです。)


でも、もちろん 100%満足な、パーフェクトな病院だったわけではありません。
そんなの 当たり前ですよね。

デメリットとしては・・・

1)車で片道30分(マルヨが運転すれば20分)。クマは車を嫌がるようになった。

2)新幹線で通ってくるひともいるくらいなので、混んでいる。

3)混んでいるということは、ひとりの先生が診る患者数も多く、
 大事な大事な うちのクマだって 「大勢のうちの ひとり」になってしまう。

DSCF1591.jpg
クマ「せんせいは好きだけど、車はイヤなの!」


3)について、誤解しないでくださいね。

病院も、先生も、クマのことを とても大事に扱ってくれました。

クマは 先生のことが大好きだったし、看護師さんたちにも
「クマちゃんは ほんとにいい子ですねー」と、いつも可愛がられてました。


DSCF1425.jpg
クマ 「こんなふうにね!いいこ、いいこ~♪」


私は ニャン吉とクマしか 見ていないのですから、
大勢の患者をかかえて 目の回るような彼らに 同じことを求める方が間違っています。

だったら、自分がやるしかありません。


指定された時間に行っても、待合室は 患者さんでいっぱい!
1時間待たされたことも・・・。

それ以降は 待ち時間を減らすため、診療時間を 朝いちにしてもらい、
いつも 診療開始時間の5分前には行って 待合室で待たせてもらうことにしました。


静脈点滴で 半日入院のときは、 ケージで点滴を受けるクマと
ずっと一緒にいさせてもらうよう お願いしました。

だって、クマは うちに来てからというもの、
私たちが留守のときも ニャン吉と一緒で、ひとりぼっちになったことなんて 一度もないんだもの!


入院の子たちのための 小さな部屋に案内されると、クマのほかは みんな犬。
寂しいのか、小さいのも大きいのも キャンキャンと鳴いています。

そんな中で 怯えもせず、うなりもせず、首をしゃんと伸ばして堂々としていたクマちん、
カッコよかったなあ・・・。

ケージをあけてもらい、点滴の管をつけたまま ずっとマルヨの肩に乗って過ごすクマ。
その姿をみたとき、ああ やっぱり来てよかった・・・と思いました。


あんまり あれこれ言って 病院のひとに煙たがられたら イヤだなあ・・・
なんて心配もしていたのですが、
この病院に関して言えば それは 全くの杞憂でした。

もちろん、私たちのせいで 入院部屋のワンコたちが パニックになったりするようなら
すぐに出てくるつもりでいましたが、
話しかけてもらうのがうれしいのか 吠えるのをやめて ご機嫌になってくれたし、
飲み水をこぼしてしまったコがいたら スタッフの方に知らせたりして、逆に感謝されたりもしました。

これは、入院部屋が個室になっていて
私たちがいても 病院の他の業務に支障をきたさないからこそ 出来たのでしょうね。



もちろん病院の方たちはプロですから、どんなに私たちがお願いしても
それがクマや 他の患者にとって 良くないことであれば きっぱりと断ってくれると思います。

だからこそ、私たちも、もっともっと 声を出していいのではないでしょうか?



クマの 闘病が終わったとき・・・

マルヨが、私に代わって 先生に電話で連絡してくれました。

先生は、お悔やみの言葉の後に こういってくれたそうです。

「マルヨさんたちの、クマちゃんを治そうという意気込みが すごく伝わってきたから
 こちらも身が引き締まる思いで、いっそうやる気にさせてくれました。
 ありがとうございました。」




・・・あのとき 言えなかったこと、今ここで言わせていただこうと思います。


せんせい、本当にありがとうございました。
クマは最期まで まるで病気じゃないみたいで、本当に かっこよかったです。


DSCF9246.jpg
これ、 うちの かっこいいコ!
13:40 | うちのクマちんは 世界一! | comments (11) | trackbacks (0) | page top↑
お絵かき ネコりんぼ! | top | GREEN!GREEN!!

コメント

Bacoさん。書きながら思い出して辛い気持ちにさせちゃうと思うけど
また今回も大事なことを教えてくれてありがとう。
あたしも読みながらまた泣いちゃってるけど
病院との付き合い方で迷う部分が開かれたような気分です。
クマくん。心強かったね。
あたしもそんな風に守ってあげられるかな・・

お茶目なイメージのクマくんだけど、病院でのクマくんカッコイイな。
ますます大好きになっちゃう!
by: きょーこ | 2009/02/23 15:40 | URL [編集] | page top↑
クマちゃん、がんばったんだね。
嫌いな車も我慢して、それでも首をシャンと伸ばして点滴受けて。
すごく不思議なんだけれど、私の中では、
どんどんどんどん、どんどんどんどん、
活き活きとかっこいいクマちんが育ってるんだよ。
クマちん、本当に世界一!

でもね、Bacoさんもマルヨも世界一だと思う。
だからね・・・。
葉っぱ一枚くらい、分けてあげるよ(≧∇≦)
by: がるまあ | 2009/02/23 21:15 | URL [編集] | page top↑
また涙がぽろぽろ出ちゃってるエイミーですが・・・。
でも こうして Bacoさんが クマくんのかっちょいいところを見せてくれて とってもうれしいんです!
いつまでも クマくんが すぐそばにいるような気がして・・・♪
病院選び、家族として何ができるのか・・・
とても難しいことですよね。
がんばったクマくんもかっちょいいし、家族としてできる最大限のことを 当然のようにやってのけたBacoさんもかっちょいいです!
そして Bacoさんを支えてくれているマルヨさんも!!(*´艸`)

あ、めちゃくちゃ遅くて申し訳ないのですが 昨日の記事中で勝手にリンクさせてもらっちゃいました・・・(笑)
ありがとうございます~♪
木、がんばって育てましょうねっ!!ねっ♪(o^-^o)
by: エイミー | 2009/02/24 05:47 | URL [編集] | page top↑
病気を知らされた時の動揺や
それから押し寄せる決断の数々…
Baco さんの思いを記憶に重ねて拝見しました。
クマくん、よかったね。
いい先生達と一緒にがんばれて!
家族だけでなくみんなが心を合わせられたことは
世界で一番の幸せであり愛だと思います。
「だからクマくんはかっこいいのね♪」
そう思って肉球にペタッとハイタッチしちゃいました★

by: おめで鯛子 | 2009/02/24 16:52 | URL [編集] | page top↑
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/02/24 19:35 | URL [編集] | page top↑
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/02/25 01:19 | URL [編集] | page top↑
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/02/26 21:59 | URL [編集] | page top↑
病院選びは私も迷います。
うちも車で3.40分の所に最新式の設備を整えている病院があるのですが、ストレスのことを考えると今は近くの病院を利用しています。
でも、重病になった時は高度医療の病院の方へ行くだろうな…
小さな猫の置物に「いいこ、いいこ」してるクマ君も、とっても優しくてかっこいいよ!

やっぱりクマ君の事を書くのってまだまだお辛いと思うのですが、読んでいるといずれやって来るであろう「闘病」について私なりに少しは心構えができます。
飼い主の希望、要望だって言っちゃっていいんですよね。
悔いの残らないようにしたいもんね。
Bacoさん、本当に良い病院、良いスタッフの方々に巡り会えてよかったですね。
クマ君、Bacoさん、マルヨさんの猫徳、人徳ですよ!
ひっくり返ってるクマ君だってチョーかっこいいよ!!
by: のらこ | 2009/02/26 22:45 | URL [編集] | page top↑
■Bacoより みなさんへ♪
★きょーこさん
悲しいことを思い出してしまうことは もちろんあるけれど、
そんな大変なときでも かわいくてかわいくて 仕方なかったクマのことを
やっぱり書きたくなってしまうのです。
そして、それを読んだきょーこさんが
「ますます大好きになっちゃう」なんて 言ってくれたら
私にとって そんなうれしいことは ないのです!

★がるまあさん
がるまあさん、ありがとう~!
がるまあさんの中に 元気なクマがいてくれるのかと思うと
本当にうれしいです。
あんまりぐんぐん育って メイワクかけたりしないといいんだけど・・・。

育つといえば、うちの葉っぱ(泣)。一枚といわず、株ごと分けて~!

★エイミーさん
みなさんを悲しくさせるのは 本望ではなく、
大変なときでも ピシッとかっこよかったクマのことを書きたかったので
エイミーさんのお言葉はとてもうれしいです♪
家族としてできる最大限のこと・・・難しいですよね。
やれることは まだまだあったかもしれないけど、
自分のエゴとの折り合いなんて 葛藤もあったりして。
私も、みなさんのお言葉で 今もいろいろと考えさせられます。

うちの木・・・不良品じゃないのかしら??

★おめで鯛子さん
鯛子さんの 悲しい記憶を蘇らせてしまったでしょうか。
でもきっと、彼らの かっこいい姿も 一緒に蘇りましたよね?
そうであって欲しいと 心から思います。

世界一の幸せ、世界一の愛・・・
それは、確かにありました。
今も それはあるけれど、カタチが変わってしまったようです。
カタチって、結構大事ですよね。

★2/24 鍵コメさん
お久しぶりです♪
見ました見ました!カッコイイ~!!
寒いけどお身体気をつけてくださいね。
また、すごいネタを期待してます(笑)

★2/25 鍵コメさん
その病院も、有名ですよね!
混んでるのでも 有名だとか・・・(笑)
点滴立会い、同じですね♪
同じクスリでも、おだやかな気持ちで受けた方が
絶対に効くはずだと思うのです。

★2/26 鍵コメさん
風邪かな?くらいで、全然不安にも思ってなかったので
そのときのショックといったら、そりゃあ、もう(笑)。
私には時間もあったし、マルヨも一緒でしたが
もしも ひとり暮らしで 働いていたら・・・。
本当に大変なことだと思いますが、そんなときこそ
もっと病院がサポートしてくれるといいのに、とは思います。
追加料金なしの夜間診療とか、往診とかね。

★のらこさん
病院は、うまく使い分けたいですよね。
ていうか、本当は 往診してくれる病院が
もっと増えるといいのに・・・とも思います。
検査で血を採るだけとかなら、それで十分だし!
往診については、何度かお願いしましたがダメでした(笑)。
モンスター・ペイシェントとか 思われてたりして・・・。

クマのことを書くのは、つらくはありません。
もちろん、悲しみが再沸騰してしまうことはありますが
大変なときでも あんなにかわいくて かっこよかったクマのことを
私の言葉で綴る時間は 幸福ですらあります。
それを読んでくれて、さらにお言葉をかけていただけること、
本当にうれしく思っています!

by: Baco | 2009/02/27 23:28 | URL [編集] | page top↑
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/03/05 10:54 | URL [編集] | page top↑
■★3/5 鍵コメさんへ
鍵コメ返し しました♪
長文注意!(笑)
by: Baco | 2009/03/06 17:43 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://jigeguba.blog60.fc2.com/tb.php/376-b3eb9d4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。