スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

うちのクマちんは 世界一! Vol.2~ クマ専用処方箋 ~

クマが病気になって、いちばん考えたのは
「わたしにできることは 何だろう?」
ということ。

病気をなおすのは、お医者さん。

私たちは、そう思いがちです。
もちろん、それは間違いではありません。

でも、お医者さんにしかできないことがあるように
飼い主さんにしか できないことだって あると思うのです。


クマが病気になったとき、私は「リンパ腫」について 勉強しました。
本を読み漁り、ネットを検索し、知識のある人に尋ね・・・
ひととおりの知識を 身につけたと思います。

でも、途中で 思い知ることになったのは
「見るべきなのは 医学レポートではなく クマ であるべきなのだ」
ということです。

そんな簡単なことに 考えが回らないくらい、動揺していたということでもあります。


たとえば・・・。

クマは暑がりなので、寝るときも あまり毛布にくるまったりはしません。
でも、ふと気がつくと 耳が冷たくなっていたりするのです。

寝ている間に、冷えて体温が下がってしまったのでしょう。

元気なときなら 気にするまでもない ささいなことですが、
こういうとき 決まってクマは 元気がなくなりました。

そこで、無理やり 毛布をかぶせ、必要なら電気アンカも投入。
やさしくやさしく マッサージも してみたり。

DSCF1663_20080921182148.jpg
クマ「なんか、ホカホカしてきた!」

↑ クマが 枕にしている毛布には アンカ在中。

少しずつ、体が温まってくると・・・クマも元気になってくるのです!
これは 本当にうれしかったなあ。


それから・・・

人一倍、甘えん坊で さびしがりやのクマ。
普段から、目が覚めて 周りに誰もいないと 大騒ぎでした。

病気になってからも、もちろん その性格は変わりません。
私を探し回ることで 体力を使ったり、
不安な思いが増長して ストレスになってしまったら・・・?

そういう不安要素を 取り除くため、
「クマが目が覚めたら 必ずBacoの姿が見えること」
鉄則としました。

私がその部屋のどこにいても クマから見えるように、
見晴らしのいい 高いところにクマのベッドを設置。

DSCF1619_20080921180830.jpg
クマ「2階建てベッドなの!」

マルヨが家にいない間は、私はほとんど その部屋にこもりっきり。

DSCF1612_20080921180845.jpg
クマ「今日は 2階で寝ようかな・・・あ!ニャン吉!!(← ウレシイ)」


クマが一声あげれば 私は何をしていても中断し、
飛んでいって 「だいじょぶだよ、クマちん♪」と 頭をなでました。

夜は、寝室から フトンを引っ張り出してきて クマのベッドのとなりで眠ります。
震度4の地震でも目を覚まさない私が、クマの「ニャン」の一声で 朝の4時でも 飛び起きました。

DSCF1687a.jpg
クマ「Bacoが いつも いるんだよ♪」


本当に、ちょっとしたこと。ささいなこと。
お医者さんに話しても 笑って 聞き流されてしまうようなこと。

それでも。

最終的に リンパ腫には勝てなかったものの、
病気と闘っていくうえで この「ちょっとしたこと」は
とても大きな意味を持っていたと
私は 自信を持って言うことができます。


リンパ腫のような 手ごわい病気が相手だと
「5年生存率」とか 「再発率」とか、
耳にするだけでも恐ろしいような名前の数値が 出てきます。

名前だけでなく、そのパーセンテージが示す現実は
全く 目を背けたくなるようなものかもしれません。

でもね。

それは、同じ病気というだけで 全てひとくくりにはじき出された
数学上の「確率」でしかありません。

たとえば 今あげたような、ちょっとしたこと。
でも、飼い主さんにしかできない 大切な大切なこと。

その ミラクル・ポイントは、統計には 加算されていないのです。

だって、それは 他のネコちゃんには 通用しない、そのコだけの 処方箋なのだから。


だから、現在 病気と闘っているネコちゃんも、飼い主さんも。
他の人には出せない その処方箋を、信じてください。

応援しています。
14:12 | うちのクマちんは 世界一! | comments (15) | trackbacks (0) | page top↑
そんな季節に なりました。 | top | ファイナル・ミーティング。

コメント

ああ・・クマくんはこんなにもあたたかく
大事に大事に見守られてきたのですね。
Bacoさん。素敵な教えをありがとう。
今湧き上がっているこの気持ちをうまく言葉にできないのが歯がゆい・・
by: きょーこ | 2008/09/29 16:04 | URL [編集] | page top↑
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008/09/29 18:32 | URL [編集] | page top↑
飼い主さんにしかできないこと・・・。
本当にそうですね。
長い間一緒に暮らした、家族だし
その猫(とか犬)をずっと見て生活してきているんだもん。
二階建てベッドいいですね。鯉のぼりも。

・・いつでもBacoさんがクマくんのそばにいれること、いつでも頭なでて、大丈夫って言ってあげられること。
それが一番延命になり、力になり、目に見えない薬になったことでしょう。

非常に私的なことなのですが
・・・実は先週、親戚の家のネコが
木曾へ行きました。
クマくんやにいさんとおなじハチワレ君ですが、彼は18才。
長年の結石と老衰の両方なのですが、4月に神戸に帰って会ったとき、その前に会った11月よりもさらにヨボヨボになっていて、悲しかったです。
伯母も、彼・・「ちびまる」といいます・・・が夜中に目覚めてもすぐ自分がいれるよう、体温の低くなったちびまる用のケージ(後ろ脚が立たなくなってきたため、粗相をするので夜間だけいれる)
にカイロをしきつめ、毛布しいて、自分のふとんをその横にしいて毎日寝ていたそうです。
ちびまるは、病気といっても老化も加算されていてクマくんとは少し違うんですが、
やはり、そうやって叔母がずーっとそばにいてなでていることで、ほんの少しでも延命したのではないかと思います。

すみません、長くなっちゃいました(-_-;)

何回でも何回でも、クマちゃんのご冥福をお祈りしています。
by: ツバッキー | 2008/09/29 18:44 | URL [編集] | page top↑
久々のクマっち。やっぱかわいいな~。
猫が元気な時、寝ているときのお耳が暖かいのか冷たいのかなんて、ホントに小さな事で、「暑いからわざわざ冷たい所にいるんだろうなぁ」位にしか気にもしませんが、病気になると猫さんの意思だけではないんだな。。。という事がBacoさんのブログを読んで勉強になりました。
人間もそうですが、放って置いていい時といけない時の見極めが難しいですね。
クマっちの一番の願いはBacoさんが側に居てくれる事だったから、きっと「なんか知んないけど嬉しいな♪」って感じだったんでしょうね。
by: nyan-da | 2008/09/29 21:44 | URL [編集] | page top↑
■もちろん世界一!!
クマちんも世界一だけど、Bacoさんも世界一よっ♪
最期のクマちんは見ていないけど…
きっと、おなかいっぱいの満足顔で旅立ったんだろうな~って想像しました。。。
今でもクマちんのことを思い出すと私も涙が止まらないけど…
それは悲しいばかりの涙ではないのよね…
クマちんとBacoさんのことを思うと涙が出るけど心はとても温かくなるの。
それはきっとクマちんが幸せな気持ちでいたからだと思います♪
そのコの処方箋はとっても絶大な効果をもたらしたようですね!
やっぱりBacoさんもクマちんも世界一だよ~!!!

前回の記事にすっかり出遅れましたが…(汗)
待ち合わせ場所を間違えた埋め合わせはこの次に必ずっ!!(笑)
本当に最後までお世話になりました!
みんなに会えて本当に良かった~♪
ありがとうございました!!
マルヨさんにもよろしくです♪
by: rinko | 2008/09/29 21:45 | URL [編集] | page top↑
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008/09/30 02:49 | URL [編集] | page top↑
■うん。うん。
そうですよね・・・。
うん。
本当に そうだと思います。
お医者様は 病気の治療のプロだけど、クマくんのプロはBacoさんだったんだもの!
(そして 私は はなのプロっ♪笑)
当たり前だけど とっても大切なこと・・・、忘れないように そっとココロに留めておきますね。
クマくんの笑顔と一緒に・・・。

久しぶりに見るクマくん♪
ニャン吉さんと一緒の2階建てベッド♪
そのベッドからひとつおっこちた白いあんよ♪(*´艸`)
クマくん 大好きだよ!!
by: エイミー | 2008/09/30 03:32 | URL [編集] | page top↑
こんにちは。
可愛いクマくんの姿がたくさん見られてうれしいです。
病気に対するBacoさんのお考え、うんうんうなずきながら読ませていただきました。
うちのコたち、2ニャンは10歳越えてるし…
他ブログで病気の猫さんのお話を目にすると、いきなり不安になるんです。
みんな元気なのに、いつか病気になるかもしれない…
なんて考えなくていいことまで考えちゃったり。
Bacoさんのお話に、本当に大切なことを教えていただいたような気持ちです。
…クマくんもBacoさんも、本当に世界一だわ♪
by: yura | 2008/09/30 15:49 | URL [編集] | page top↑
里親さん決まりました!
応援ありがとうございました~。

クマちゃんがいっぱいだ…。
いっぱい見れてうれしいです…。

そうですよね、うちの子のこと、
誰より知ってるのは私たち家族…。
大きな意味、ぜったいにありますよね。
気持ちは通じるもの…。
by: みか@猫大好き | 2008/09/30 19:14 | URL [編集] | page top↑
こうやってクマ君の写真を見ていると未だに信じられません…

クマ君はほんとに幸せ者ですね。
Bacoさん達にこんなに愛されて、みんなにこんなに愛されて…
クマ君もきっと「Bacoんちに来て良かった♪」って言ってますよ。
私はどうもうちの奴らに「よその家に行けばよかった…」って思われてそうで… ^^;

私にも、うちの奴らの為の処方箋作れるかなぁ…
by: のらこ | 2008/09/30 23:03 | URL [編集] | page top↑
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008/10/01 23:59 | URL [編集] | page top↑
幸いながらうちのニャンズは9歳8歳ですが元気に
毎日を過ごしています。
『もしこの子達が・・・。』なんてかんがえるだけで
泣きそうになったりしちゃいます。

でもBacoさんの日記を読んで自分がいざBacoさんと
同じ立場になったら私も同じように沢山一緒に
いてあげたいと思います。

『犬の十戒』があるように『猫の十戒』もあると思います。
クマちんにとってBacoさんと過ごした時間が大切なもの
だったようにわたしもニャンズにそう思われる
飼い主でありたいな。。。
by: ちい | 2008/10/02 00:22 | URL [編集] | page top↑
病気に2人で向かいあいながら
それに気が付いたBaco さん…
クマくんはBaco さんの心が生んだ処方箋を
なにより心強く感じていたと思いますよ。
だからお互いにがんばれたんですよね。

Baco さんが思うようにクマくんも
「やっぱ世界一だよ、Baco は♪」って思ってますよ、絶対♪

by: とみとみ | 2008/10/02 00:38 | URL [編集] | page top↑
本当にその通りだよね。
クマくんは世界一幸せな猫生をBacoさんと過ごしたのが、あらためてよくわかるよ。
愛する相手がどうすれば幸せって思ってもらえるか、それが全てだよね。
大切な相手を「見る」。
そして、必要なことをする。
一番大事な処方箋に自信を持たないとダメなんだね。
いつか(と今は思いたい)、私もその時には頑張るから!
そして、こうやってBacoさんみたいに応援できるようになりたい。
by: まったり福タビ大リンの姉 | 2008/10/02 14:01 | URL [編集] | page top↑
■Bacoより みなさんへ♪
気軽にコメントできない内容なのに、ありがとうございます。
鍵コメくださった方には、ブログにお伺いして
鍵コメ返しさせていただきますね。

★きょーこさん
ありがとう、なんてとんでもないです。
「教え」なんてのも おこがましいです。
私も、不安で迷って自信もなくなってたけど
いろんなひとに 大事なことを教えてもらいました。
きょーこさんも、もちろんそのひとりです。
こちらこそ、本当にありがとう。

★ツバッキーさん
ちびまるちゃん、大往生でしたね。
叔母さまは、きっと延命を意識してではなく
ただただ ちびまるちゃんと一緒の時間を
愛しんでいらしたのかもしれませんね。
その愛情が、ちびまるちゃんに
どれほど 良い作用をもたらしたかは
計り知れないと思います。

クマのこと、いつも思ってくださって
ありがとうございます。
ちびまるちゃんも、安らかに・・・。

★nyan-da さん
そうですね、本当に見極めって難しいです。
クマの場合は、あれこれと過剰に世話を焼かれるのも
かまってもらえてると 喜んでいたと思うのですが
これがうちのニャン吉だったら、
「具合悪いんだから ちょっとは ほっておいてよ!」
ってことになるかもしれません。
本当に、何がいいかは ネコそれぞれですね。
クマだからこそ、「24時間べったり体制」だったのです♪

★rinko さん
ありがとう・・・。もう、本当にありがとね。
クマのことを もう少し延命できる人はいたかもしれないけど
クマのことを あんなにも幸せにしてあげられたのは
私たち以外には いないと思っています。

待ち合わせ場所を間違えたのは
結局rinkoさんもきょーこさんも
どちらもアヤシイまま 真相は闇の中みたいです・・・(笑)
こちらこそ、楽しい時間をありがとうございました♪

★エイミーさん
エイミーさんは そりゃあもう
はなちゃんのプロフェッショナルですよね♪
忙しい毎日の中でも エイミーさんが
はなちゃんのためにささげる ゆる~い時間(笑)、
それって はなちゃんの元気の源だと思います。
そして、それが同時に エイミーさんのエネルギーチャージにも!
これは、病気のときだけの話ではありませんね♪

★yura さん
そうですよね、こういう記事を読むと不安になっちゃいますよね。
ごめんなさい!
誤解しないでほしいのは、クマは「病気」になっちゃったんです。
今健康なのに、必要以上にあれこれ心配するのは
飼い主さんにとっても ネコちゃんにとっても よくないよね。
yuraさんとにゃんこたちが 楽しく暮らしていれば それでOK!

★みか@猫大好き さん
チャイくん、里親さん決まってよかった~!
おめでとうございます!!
リンクしようと思ってるうちに仮決まりになっちゃって
何のご協力もできませんでしたが・・・
そして、ようやくみかさんは
世良くん一筋に戻れるわけですね(・・・夫は?)

みかさんと世良くんの信頼関係は、
「ちょっとすごいな」と思ってます。見習います!!

★のらこさん
いやあ、私もときどき信じられません(笑)。
ふと視線を感じて、その辺の物陰から
ひょっこり顔を出すんじゃないかと思ったり・・・。
クマは確かに、うちに来てよかったと思う!
そして、のらさんたちも もちろん
「のらこん家に来てよかった♪」って
思ってますよ!!
だって、あの安心しきった顔を見てたら
わかりますって・・・(笑)

★ちいさん
不安なことは、考え出すときりがないですよね。
ミミちゃんたちは 元気に楽しく暮らしてるんだもの、
それが一番!それがすべて!!
ほんとうに、『猫の十戒』ありますよね。
でも、猫の場合 それぞれ勝手に作ってそうだから
映画とかには ならないかも・・・(笑)

★とみとみさん
クマと私は、何だか一心同体のようなところがありまして・・・。
きっと、何か感じてくれていたと思っています。
もちろん、ああすればよかった こうすればよかったと
思い返すこともありますが、今となっては
総論で「わたしたち、幸せだったよね」ということになってます。
こういう大雑把なところも、クマと私は似ています。
世界一だと思いあってるのは 世界で私たちだけかもしれませんが(笑)

★まったり福タビ大リンの姉 さん
私、応援できてますか?そうだったら ものすごくうれしいな。
この記事は、見てくださる不特定多数の方たちに向けてであると同時に
現在病気と闘っている ふたりのネコちゃんのことを思って書きました。
私も 闘病中は たくさんのひとに勇気をもらったから、
今度は私が少しでも応援できたらと思って・・・。
姉さんなら、何があってもネコちゃんたちを守りぬけますよ!
by: Baco | 2008/10/04 14:31 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://jigeguba.blog60.fc2.com/tb.php/340-65551825
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。