スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ニャン吉 受難の日。【後編】

虐待スレスレで病院に連行されたニャン吉。(前編はコチラ
歯のチェック、健康診断までは無事に終了しました。

・・・が!

ニャン吉には もうひとつ、耐えねばならない試練があるのです。

それは・・・ ザ・肛門腺しぼり!!

IMG_3184.jpg

ニャン吉「Oh、Nooooooooo!!」 (←外人?)


肛門腺しぼりは、ネコ界ではそれほどポピュラーではないかもしれません。

犬や猫は おしりの穴のそばに「肛門腺」という分泌物がたまる 袋のようなものがあり、
それが溜まったら外に排出する穴もあります。

通常は、排泄のときなどに自然に出ていくのですが
その発散がうまくいかないと、化膿したり炎症をおこしたり、
ひどい時には破裂してしまうこともあるのです!

それを防ぐためには、たまった肛門腺を人間の手でしぼり出してあげないといけないのですが、
ほとんどは小型犬で ネコの肛門腺がつまることはそれほどないそうです。

私は子供の頃からネコを飼っていましたが、そんな話は聞いたこともありませんでした。
ニャン吉の肛門腺がつまるまでは・・・。

IMG_1318.jpg

当時、治療後エリザベスカラーをつけられて 拗ねるニャン吉。
ニャン吉「こんなダサいのイヤ・・・。」


ネコでも体質によっては肛門腺がつまってしまうことがあるそうです。

数年前、ニャン吉のようすが何かおかしいので、体をあちこちチェックしていたら
おしりのあたりが血まみれに!夜中でしたが救急病院に駆け込みました。

わたしたちの知識がなかったために 発見が遅れ、肛門腺が膿んで炎症を起こし、
ニャン吉に ものすごくつらい思いをさせてしまったのです。

それ以来、ときどき病院で肛門腺しぼりをお願いしています。


・・・というわけで、今日も肛門腺しぼり一丁、お願いしまーす♪



ニャン吉「しょせん 他人事だわね・・・。」


この肛門腺、液体からどろっとしたものまで個体差があるのですが
ニャン吉は固いほうです。固いほうが当然、詰まりやすわけですね。

で、どんなふうにしぼるのかといいますと・・・。

IMG_4259.jpg

こんな体勢のうえ、しっぽを上にぐいっと持ち上げられて おしり丸見えの状態で
肛門腺をしごくようにして分泌物をしぼりだします。
(※ 女の子のニャン吉に配慮して、クマの画像でお送りしています。)

まあ、カナリ嫌なことには違いありませんが、だいたいは2~3分で済んでしまいます。

ところが・・・

今回、肛門腺の量はたいしたことなかったのですが
いつもにも増して とても固いタイプだったのです。
とてもしぼりにくいのですが、固いからこそ 放っておくと詰まってしまう可能性大!

わたしに上から押さえつけられ、逆立ったシッポはぎゅっと持ち上げられ、
えんえんと15分くらい 先生に肛門腺をしぼられ続けるニャン吉・・・。

病院ではいつも 恐怖のあまり、一言も発せずに固まってしまうニャン吉。
「おりこうさん」で通っていますが、この日ばかりは泣き叫んでしまいました。

IMG_3663.jpg

ニャン吉「フギーーッッ▲%☆#◆○■@!!」
(しかも低音。)


ようやく肛門腺しぼりは完了しました。量にしたらパチンコ玉ひとつ分くらい。

もはや、声も出ない放心状態のニャン吉を抱えて帰宅。
キャリーバッグを開けるなり、試験管ブラシみたいなシッポを抱えて2階へ駆け上がっていきました。

DSCF3800.jpg

クマ「ニャン吉、おかえり!あのね・・・あれ、どこ??」

ニャン吉は 病院から帰ってくると とりあえず安全な場所に避難して
体勢を立て直す「リカバリータイム」を必要とするのですが、
この日はその「リカバリータイム」が、いつもより長かったような気がします。

私も人間ドッグで「直腸検診」の経験がありますが、
あれと似たようなことを15分もされ続けたら・・・と思うと それも納得。

でも、かわいそうだからやめるというわけにはいかないのだよ。
そこんところ、わかってね。



ニャン吉「もう、おヨメにいけない・・・」


そしてもうひとり、影の受難者が。
ニャン吉が病院に行くと 何よりもキライな「ひとりぼっち」にされてしまうこのヒト。

DSCF3002.jpg

クマ「ひとりでお留守番は、二度とゴメンだ!」

01:41 | 未分類 | comments (18) | trackbacks (0) | page top↑
夏までに・・・。 | top | ニャン吉 受難の日。【前編】

コメント

ううぅ、かわいそうですね…。
固いんですね、それにしても15分とは…。
うーん、こう、それを柔らかくするような体質改善とかって、
なにか方法がないのでしょうかね~。
自然に出てくれるのが一番ですよね。
でも私も、こうやってブログを始めて皆さんのところを読ませていただく前は
肛門絞りなんて知識はありませんでしたよ~。
ブログのおかげで色んな体験談を読めるから、
やっぱり勉強になります。
by: みか@猫大好き | 2007/04/06 13:12 | URL [編集] | page top↑
■そうだったのね~!!
ニャン吉さん 肛門絞りしなくちゃいけなかったのですね・・・(涙)
自然と排泄されないから 絞らなくちゃいけないわけだもの、いやな処置に違いないですよね・・・(涙)
でも おちりもすっきりきれいになって ニャン吉さん きっとホッとひと息ですね・・・♡

クマ君は・・・
そうかぁ.。o○
いっつもニャン吉さんと一緒だものね♪
ひとりぼっちのお留守番なんて 滅多にないのですね!!

ふたにゃんとも 大変な1日でしたね・・・。
でも これで 当分は安泰な日々でしょうね♪(*^m^*)
よかった よかった・・・♪
by: エイミー | 2007/04/06 16:14 | URL [編集] | page top↑
うちの実家の猫もしぼってもらったそうなので、そのとき初めて知りました。
どのくらいの頻度で病院へ行くのですか?
ニャン吉さんかわいそうにね~。(´Д⊂グスン

ミッションはお留守番だから頑張らないとね、クマくん!
by: ちくリン | 2007/04/07 11:19 | URL [編集] | page top↑
クマ君ひとりぼっち嫌いですか
次から付き添いで一緒に行く?
ニャン吉さんにも弱点があったのですね
肛門腺のつまりはどうやって見分けたらいいのでしょうか?
膨らんでくるのでしょうか
by: 赤みっきー | 2007/04/07 14:51 | URL [編集] | page top↑
あ、ウチの相棒も絞ってもらいに行くデス。。。
猫雑誌によると自分でできる方法が書いてあったが
相棒が暴れるので自分ではできない。
獣医の先生は「コツがあるから自分でやらないで
連れてきなさい」といいます。
車で30分も病院まで掛かるのです。
あ~ 近所の動物病院がヤブでなければ
相棒を病院に連れて行くにもプレッシャーが
少なくて済むのに。。。
田舎はこういうところが不便です。

一人ぼっちにされたクマさん もお疲れ様でした。
by: ねこみいにゃん | 2007/04/07 21:06 | URL [編集] | page top↑
ニャン吉ちゃん、よく頑張った!!偉かったぞ☆
ネコにとって15分押さえつけられるなんて、苦痛ですよね
しかもニャン吉ちゃんは乙女なのですから!
よくガマンしましたね。
Bacoさん、お医者さんに「ちょっと、まだなの?早くしてよ~~」なんて念送ってませんでしたか(*^m^)o==3
うちのもちょいと固いタイプなので、月1のおフロの時にダンナが絞っています。
いまだにわたしには出来ません!ムリ!!
by: hana* | 2007/04/08 02:35 | URL [編集] | page top↑
ニャン吉ちゃん、お疲れ様でした。
なんか聞いただけでもつらそう(涙)
でも、やらなきゃもっとしんどい事になるしね…
ニャン吉ちゃんがんばるんだぞ!
クマ君も一人が嫌なら、一緒に病院行って検査してもらうかい?(笑)

by: のら | 2007/04/08 18:39 | URL [編集] | page top↑
ああ・・ニャン吉ちゃん・・
ホントにホントにお疲れ様でした。
固かっただけに今回は時間もかかり大変だったのですね。
かわいそうだけど、詰まってしまって大事に至るほうがもっとかわいそうですもんね。
ニャン吉ちゃんもきっとわかってくれていることでしょう。
by: きょーこ | 2007/04/08 20:08 | URL [編集] | page top↑
■それは災難でしたねぇ!
読んでいるだけでツラくなってきましたよ~!
5枚目の写真が全てを物語っていますね…(笑)
ニャン吉ちゃん、お疲れ様でした!
クマ君、次回は付き添いで行ってみる?
ニャン吉ちゃんの代わりにやってもらったら… イミないか…

先日はお宝を送っていただきありがとうございました!
今日の記事で紹介させていただきましたのでよろしくです♪
by: rinko | 2007/04/08 21:19 | URL [編集] | page top↑
■>みかさん
ニャン吉も、初めてそんなことになったのが6才くらいのときで、
つまりそれまでは 特に肛門腺しぼりの必要もなかったのですが・・・。
たまたま、何か原因になることがあったのかもしれないし、
年齢のせいというのもあるかもしれませんね。
まあ、予防に勝るものはないと思っているので
これからもときどき病院に連れていくつもりです。
よそのネコブログは、ホント勉強になることがたくさんありますよね~。
可愛いから見てるだけなのに、お得なカンジです♪
by: Baco | 2007/04/09 13:41 | URL [編集] | page top↑
■>エイミーさん
とはいっても、肛門腺しぼりをするのは年に2~3回です。
毎回それほどたまってるわけではないので、
ある程度は自然に分泌されているようなのですが
モノが固いこともありつまりやすい体質ではあるようなので
予防として病院に連れて行ってます。
本人、多少はすっきり感があるのかな?(笑)
クマは、ニャン吉をキャリーに入れたときからまとわりついて もう大変です。
ひとりぼっちになって「ボク捨てられちゃった!」とか思ってたらヤダな~。
by: Baco | 2007/04/09 13:45 | URL [編集] | page top↑
■>ちくリンさん
実家のネコさんもしぼられてましたか!
たるとちゃんは必要ないみたいですねi-179
ニャン吉は、年に2~3回しぼってもらってます。
毎回、それほど溜まっているわけではないので
ある程度は自然に出ているようです。
どっちかというと、私が不安だから予防のため、という感じですね。
肛門腺が固いタイプなので、つまりやすいのは確かみたいですし。
クマのお留守番は、ニャン吉と一緒でないと成り立たないようです・・・。
by: Baco | 2007/04/09 13:49 | URL [編集] | page top↑
■>赤みっきー さん
お尻のあたりがくさくなって気がつくことが多いようなんですが、さすがニャン吉。全くくさくないんです!(マジで!)
なので、最初のときは膿んで血が出てしまうまで気がつきませんでした・・・。
匂いのほかには、お尻をやたらなめるとか、
地面にたたきつけるようにするとか(不快感があるらしい)ですね。
クマの付き添い・・・ニャン吉のココロのなぐさめにはならなそうです。
by: Baco | 2007/04/09 13:53 | URL [編集] | page top↑
■>ねこみいにゃん さん
ラムネちゃんも、やってもらってるんですね!
自分でしぼるやり方、病院の先生にも教えてもらったんですけど
ニャン吉は特に固いし、難しくて・・・。
強くやりすぎると肛門腺を破壊しちゃう可能性もあるそうなので
やってもらうのが安心かもしれませんね。
車で30分はちょっと大変ですね・・・。
でも、どこも具合が悪くなくても ときどき病院に連れて行く機会があるのは
いいことだと思ってます。
自分で気づかないことを、先生が気づいてくれたこともあるし・・・。
というわけで、往復1時間のドライブ、がんばって!(笑)
by: Baco | 2007/04/09 13:57 | URL [編集] | page top↑
■>hana* さん
あはは、ニャン吉はガマンしたつもりはないでしょうけど、
二人がかりで押さえつけられたら どうしようもないですよね(笑)。
「早くしてよ~~」というよりも、
先生がいつもと違ってすごく苦戦していたので
「見逃さないで、ちゃんと全部しぼりとってよ~」と
思ってました!
ジュルちゃん、月1回もしぼってるんですね!
私もトライしてみましたが、難しいので病院に任せることにしました。
さすがドリトル先生!
by: Baco | 2007/04/09 14:02 | URL [編集] | page top↑
■>のらさん
ほんとに 気がついてあげられなくて 大変な思いをさせてしまったので
ちょっと心配過剰なのかもしれませんが(笑)、予防に励んでいます。
クマはひとりぼっちもキライですが病院もキライ!
車に乗るのも好きだし、連れて行くまではカンタンなのですが
治療台の上では大暴れ・・・看護婦さんに申し訳ないくらいです。
by: Baco | 2007/04/09 14:04 | URL [編集] | page top↑
■>きょーこ さん
いやホントに、ニャン吉がそのことを分かってくれるとうれしいんですが・・・。
病院のときは薬を飲ませるときって、
本人にそれが分かってないと 虐待みたいなもんですよね~(笑)
でも、以前ニャン吉のおしりが血に染まってしまった場面が
くっきりと脳裏に焼きついているので、
これからも嫌がられながら病院に連れて行くと思います・・・。i-229
by: Baco | 2007/04/09 14:08 | URL [編集] | page top↑
■>rinko さん
クマは、付き添いなら喜んで付いてきますが
実際治療台に上げられると もう大騒ぎで大変なんです・・・。
(図体デカイし!)
病院は、行かないに越したことはないんだけど
どこも具合悪くなくても ときどき行く機会があるのは
いいことだと思ってます。

愚作のご紹介、ありがとうございました・・・(やっぱ 恥ずかしっ!)
by: Baco | 2007/04/09 14:12 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://jigeguba.blog60.fc2.com/tb.php/215-a147482d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。