スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

覆水盆に返らず。

「ペット用循環式自動給水器」の導入にあたっては、
すべて順調に 事が運んだと思っていたのですが・・・



P1100712.jpg

どうも怪しいのが1名。
水を飲んでる時間よりも、給水器をじっと見つめてる時間のほうが圧倒的に長い。



P1100701.jpg

ストローから水が流れるようすが、楽しくてたまらないらしい。


まあ、楽しいのは いいことだけど・・・




楽しいだけではすまないのが現実です。

P1110229.jpg
グン太「ひょっとして、ボク おこられるのかな?」

装着したストロー型飲み口、あっけなく陥落。


この、「ストロー落としゲーム」が グン太のツボにはまったらしく、
付けては落とされ、付け直したそばからまた落とされ・・・。



P1110172.jpg

ある日、こんな風にストローの先が 給水器の外に飛び出し、
床が水浸しになっているのを発見したところで 私が負けを認めました。



P1110205.jpg

ところが、グン太は攻撃の手を止めません。
ストローを落としたあとは、給水口を攻めています。



P1110215.jpg

いったい、彼は 何を追い求めているのでしょうか?



P1110231.jpg

あ、何か出てきた・・・。



P1110237.jpg

タンクの中に入れてある、活性炭のパックを引きずり出してきやがりました。
そしてああもう、本当にそこら中水浸しじゃないのよ!!



・・・というわけで、活性炭もやめちゃいました。(負けすぎ)



P1110270.jpg

それでも、今日もグン太は 何かを求めて 元気に水を撒き散らしています!(ヤケクソ)





ところで・・・


うちの給水器が、「トイレかと思った」「おまるみたい」と 残念な評判をよんでいますが、
実は もっとカワイイやつを買ってみたこともあるんですよ!


cafe2.jpg

写真は借り物ですが、コレ↑。

カワイイし、小さくてじゃまにならないし、私的にはこっちを使いたかったのですが
ふたつ並べて 決選投票をしてみたところ、圧倒的におまる・・・じゃなくて
現在の給水器の方が人気だったのです。

まあでも、小さいやつだったら いずれグン太に 本体ごとひっくり返されていたに違いないので
この選択は 正しかったと思うことにします。おまる似だけど・・・。
スポンサーサイト
17:02 | 未分類 | comments (3) | trackbacks (0) | page top↑

流れる水のように。

そういえば、これを まだご紹介していませんでした。

P1080719.jpg

「ペット用循環式自動給水器」ってやつです。

給水ポンプから吸い上げた水が、本体上部にある送水口から
ゆっくりと流れ出るしくみになっています。

内部の活性炭フィルターで濾過するので 水をキレイに保てるということもありますが、
どちらかというと 「流れる水」であることが重要なのです。

というのも、ニャン吉は昔から 蛇口からお水を飲むのが大好きで、
お風呂や洗面台で
「アタシが飲みやすいように ゆっくりと細く水をお出し」

と命令するんです!

で、ニャン吉の言うがままに従っていたら
いつのまにか 夜中だろうと朝方だろうと 洗面所で
「早く水を出すがいい!」
と大声を出すようになってしまい・・・。
(↑甘やかした結果の、しつけ失敗の例。)


そんなわけで、我が家に「流れる水」を導入するという運びになったわけです。
ああ めんどくさいネコ・・・。



P1080720.jpg


本来、このストロー状の飲み口は 付いていません。
「チョロチョロと流れ出ている感」を出すために、マルヨが設置しました。

ストロー状というか、ストローです。(協賛:スタバ)



P1080763.jpg

ニャン吉さん、珍しくこちらの思う壺です。
喜んでゴクゴクと飲んでくれ、洗面所での暴君っぷりもなくなりました。



P1080766.jpg
ニャン吉「どうせなら エビアンとかにしてくれないかしら?」


あなたたちは、ミネラルウォーターじゃない方がいいみたいですよ・・・。



一方、グン太。

P1080777.jpg
グン太「これ知ってる!そうめんが流れてくるんだよね!?」


グン太は、今までも普通にお皿に入れたお水を ものすごくうれしそうに飲んでいたので
給水器に変えて、逆にグン太が水を飲まなくなるかな?とも思ったのですが・・・



P1080774.jpg
グン太「そうめん まだかな~♪」

問題なく、ゴクゴクと飲んでくれて一安心。


めでたし、めでたし!



・・・というわけでもなかったのですが、それは次号に続く。
12:42 | 未分類 | comments (5) | trackbacks (0) | page top↑

忠猫ニャン吉伝。

去年のことなのですが・・・。


その日はマルヨの体調が悪く、かなり痛みもあって 床に臥せっていました。
(※ もう 今は大丈夫です!)

苦しさにうめくマルヨ。
看病といっても 私に出来るのは 身体をさすることぐらい。

もちろん、ニャン吉も枕元に来て 心配そうに見ています。


Baco「ほら、ニャン吉も看病してくれてるよ!きっと良くなるよ!」

と、マルヨに声をかけていた そのとき・・・



120309_013739.jpg
ニャン吉「ちょっとBaco!マルヨに何すんのよ!!!」



突然 ニャン吉が私のところに駆け寄ってきて、うなりながら かかとに噛み付いたんです!!


どうやら、ニャン吉には 私がマルヨを痛めつけているように見えたらしい・・・。



ニャン吉の マルヨへの一途な想いを再認識させられると同時に

今だに 私への信頼感って そんな簡単にくつがえるものなんだ・・・

ということを 強く感じました(涙)。



P1070133.jpg
ニャン吉「初心忘れるべからずよ。」




ちなみに、そのとき グン太は・・・

P1070184.jpg
グン太「ムニャムニャ・・・Baco、ガリガリくんが 当たったよ~!]」


もちろん、イイ子で ねんねしておりました♪

02:34 | 未分類 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑

気まぐれですが。


ニャン吉「それで、ここ最近の連続更新は 何かの前触れなワケ?」


いや、特に意味はないのですが・・・
やっぱり、ネコブログを書くのって 楽しいなーって。
19:04 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

グン太のおとうと。

グン太に「おとうと認定」してもらえなかった この子ですが・・・

P1090207.jpg

おヒゲは、いくつか グン太のおさがりです。

もともとのヒゲが あまりにも貧相だったので
グン太のヒゲが落ちているのを発見するたびに この子に差していたら、
けっこうリッパになってきましたよ♪

ちなみに、写真だと光って白く見えますが
グン太のヒゲは 白黒のまだらなので、ニャン吉との区別は簡単です。

全部、グン太のヒゲになったら 今度こそ「おとうと認定」されるかな?

あ、それよりもいっそ、グン太のおなかの白い毛を・・・



P1090393.jpg
グン太「おなかの白いとこの毛は あげないからね!!」
23:28 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ツーショットは難しい。その2

P1090290_R_20130406163401.jpg  

今度は ふたりとも明るく撮れそうだけど、目線がバラバラ。
こういう時は、オモチャを振って目線をもらうのが ネコカメラマンのお約束。


はーい、ふたりとも こっち向いて~♪(シャカシャカシャカ・・・)




P1090288_R_20130406163400.jpg
その温度差が、もともと乏しい仲良し感を さらに低下させるのです・・・。
20:05 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ツーショットは難しい。

P1100241_R.jpg

ふたりで一緒にひなたぼっこのようすを 撮りたかったのですが
差し込む光を浴びるのはニャン吉ばかり。

グン太、黒子のようです・・・。
11:59 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

なーんだ。

まあ、こんなところに 箱入りの リッパな ぼたもちが!



みんな、今日は ぼたもちパーティーよ!



P1100277.jpg
・・・と思ったら、グン太でした。残念。

00:04 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。