スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

カラフル・キャット。

最近 うちにやってきた 新入りたち。

P1060797.jpg

カラフルな ネコちゃんふたり♪



彼らが 我が家にやってきた経緯について
話せば長い話なのですが、簡単に言うと・・・


洋服をリペアに出しに行ったら、ごく簡単な裾上げにも関わらず 2,000円もするというので
自分でやることにして(←最初からやれ) 節約した自分を褒めたたえていたのに、
その帰り道に うっかり新たな洋服を買ってしまい、
ああ これじゃあ プラス・マイナスで 大きくマイナスじゃないの・・・と 反省していたら
お店のひとが このかわいいネコちゃんたちをくれたのです!

プラス・マイナス、そしてまたプラス×2 ということで 全然オッケーじゃないですか??



P1060276.jpg
ニャン吉「ツッコむところは たくさんあるけど、ひとことで言うと どうでもいいわね。」



P1060786.jpg

あ、お店のひとは 別に私をかわいそうに思って ネコを くれたわけじゃありませんよ。
1匹はお店のキャンペーンで、もう1匹は 支払時にちょっと時間がかかったので
そのお詫びということで いただいちゃったのです。



P1060802.jpg

カラフルなところが カワイイので、色味を変えて写真を撮ってみたりして。



P1060820.jpg

んー、キレイな色は その場をぱっと 明るくしてくれるねえ。
こういう感じ、うちには あんまりなかったかも?




グン太「・・・。」



あ・・・・!



P1060829.jpg
グン太「グレーだけじゃないもん!おなかのとこ ちょっと白いもん!!」


いや、べつに カラーで撮る意味がないとか そんなこと言ってないよ!




本当に 拗ねてしまったのか?

テーブルの上のものは 端から落としていくグン太が、
この カラフルキャットたちには 見向きもしません。



「カラフルでかわいい~♪」

は、うちでは 禁句でした!



スポンサーサイト
11:10 | 未分類 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑

ツーショット。

P1060776.jpg

あ、ニャン吉の手は グン太の頭を なでなでしてあげてるんですよ?
02:25 | 未分類 | comments (5) | trackbacks (1) | page top↑

竹馬のネコ。

先日、実家で 昔の写真を見ていたら
子供の頃 うちで飼っていた ネコたちの写真がでてきました



ちびBacoに抱っこされて 迷惑顔なのは、三毛猫の ミケちゃん。
ニャン吉には及ばないものの、かなりのべっぴんさんです。

まだ仔猫の頃、小学校の校庭に捨てられていたのを 姉が連れて帰ってきました。



P1060770.jpg

もともと動物が大好きな我が家は もろ手を挙げて 大歓迎。
すぐに 家族の一員になりました。



P1060764.jpg

当時は、飼いネコと言えども 自由に外出するのが 当たり前。
こんな風に、公園で遊んでいる私たちのところに ミケが加わることもしょっちゅうでした。
(赤ジャージがBaco。となりの姉とおそろいの 謎のTシャツは、スイミングクラブのもの・・・。)


ひとなつこくて 甘えん坊で、いつまでも赤ちゃんみたいなミケでしたが・・・



立派なママに なりました!

P1060757.jpg
ミケが生んだ子どもたち。左から、ビワコ、ジャック、ユメ、メル。


お気づきのとおり、我が家の名付けは かなり適当。
ちなみにビワコは、当時住んでいた県にある 湖にちなんでいます。(そのままじゃん!)


ちびっこ4きょうだいは、すくすくと成長し・・・


P1060763.jpg
あっという間に 小柄なミケママよりも 大きくなりました!



P1060741.jpg
私にとって、ネコたちは ペットではなく、きょうだいでした。
(なぜ 玄関にマッチのポスター・・・それほどファンでもなかったのに。親も止めてくれ。)




ゴハンやトイレのお世話をするのは 全部母親で、私は遊ぶだけ。


病院に行ったのは このあと避妊手術をしたときぐらいで、
ワクチンなんか 打っていません。

ゴハンは、白米にサカナの残り物や にぼしの出汁をかけたもの。
あとは、外でいろいろなものを 獲って食べていたと思います。

今から思うと こわいぐらいに ずさんな飼い方だったとは思いますが、
当時は それが当たり前だったのでしょうね。


こんな風に ネコたちと育った私は、当然のことながら その後
もともとの ネコ好きDNAに加えて ネコ好きウイルスを増殖させていくことになります。
 


P1060746.jpg

当時のミケたちとの暮らしと 今のニャン吉・グン太との暮らしは
ずいぶんと ようすが違っているけれど・・・

なんだかやっぱり つながっているのかなあ。






                 おまけ


いつも化粧がテキトーな私を見かねて、母が 愛用の ランコムのアイブロウペンシルをくれました。

P1060754.jpg
(黄色いテープも、「ランコムの目印」)


ランコムのひとに、母にかわって 謝っておきます。ごめんなさい。

16:58 | 未分類 | comments (6) | trackbacks (1) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。