スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

【ニンゲン限定記事】ネコにはナイショで・・・。

※この記事は、「ネコフィルター」によって、ネコからのアクセスを 制限しています。


ニャン吉は、少し前から 錠剤のおクスリを 毎日飲んでいます。

あ、ニャン吉は すこぶる元気で、毎日グン太と走り回っているので 心配しないでくださいね。
クスリの内容については、またの機会に・・・。


今回の 主題は・・・


「ネコに クスリ飲ませるのって、ネコもニンゲンも すごいイヤじゃない?(泣)」

ってことです。


ニャン吉も、当然 イヤがります。

ニャン吉は それほど力が強くないので
かつてのクマのように 二人がかりで押さえ込んでも 絶対ムリ!ってことはなく、
私ひとりでも それほど手こずらないで 飲ませることはできるんです。

ただ、それを何日か続けていたら 一日のほとんどを 引きこもって過ごすようになっちゃって・・・

ゴハンのときは 出てくるんですが、
私が急に動いたりすると ビクッ!として すぐにどこかに逃げこんでしまうのです。

クスリを飲ませるために 捕獲するのも一苦労なわけですが、
それより何より・・・


これって、間違いなく かなりのストレスですよね?


ニャン吉のようすを見ていると、冗談ではなく 投薬が原因で 病気になってしまいそうです。



で、次に考えたのが 「大好きなオヤツに 混ぜちゃえ!」作戦。

ニャン吉のクスリは、錠剤を 一日半粒。
小さいし、においも それほどしないので
嗜好性の強い ウェットフードや オヤツに混ぜ込んだら 気づかずに食べちゃうんじゃない?



・・・結果発表。



●そのまま 混入 → 当然のように クスリを残す。

●粉末にして 混入 → 匂いをかいだだけで、口もつけない。

●4分割くらいにして 混入 → 同じく 口もつけない。

●白米で 周りをコーティングしてから 混入 → 餅状になって のどをつまらせそうなので中止。

●クスリをコーティングできる やわらかいフードを購入 → クスリを入れなくても 見向きもしない。

●サイコロ状に切ったお刺身に 穴をあけてクスリを挿入 → 口に入れたのち、クスリのみ吐き出す。

●うすく切ったお刺身に、バターでコーティングしたクスリをサンド → 同じく クスリのみ 吐き出す。


・・・ことごとく、玉砕。


ネコの個性や クスリの種類によっては 上記のような方法でも上手くいくのでしょうが、
特にニャン吉の場合は 慎重で疑り深い性格が 最大のネック。

それはもう、最新式の「おクスリ検知器」を搭載しているといっても 過言ではありません。




・・・でもね。(ニヤリ)


ついに ニャン吉に搭載されている「おクスリ検知器」を 欺く方法を 見つけたのです!

今 この瞬間にも おクスリを目の前に途方にくれている ネコの飼い主さんの
お役に立てるかもしれないと思い、記事にすることにしましたが
その前に 重要なお願いがあります。

まず前提として 「ゴハンに混ぜてもいいクスリである」ということを
必ず お医者さんに確認してみてくださいね。



そして、もうひとつ。

どうかみなさん、このことは、絶対にネコたちには ヒミツでお願いします!




それではまず、用意するもの。

P1040346.jpg
飲ませるクスリと、オブラート。

オブラートは ニンゲン用のもので、ドラッグストアで売っています。



P1040347.jpg

オブラートで クスリを包むのですが、
そのままでは 大きすぎるので あらかじめカットしておきます。



P1040348.jpg

クスリや オブラートの大きさにもよりますが、私の場合は 4分の1で ちょうどいい感じ。



P1040349.jpg

カットしたオブラートの上に、クスリを置きます。

<Point★その1>
このとき、手で直接 クスリを持ってしまうと オブラートの外側に その匂いが移ってしまい、
やつらの「おクスリ検知器」に引っかかってしまいます。
薬包紙から 直接クスリを出すなり、ピンセットや箸を使うなりしてください。



P1040350.jpg

クスリに直接手を触れないように 注意しながら、オブラートで包んでいきます。



P1040352.jpg

空気が入らないように ぴったりと密着させながら、できるだけ小さくなるように くるんでいきます。


P1040354.jpg

<Point★その2>
思わぬジャマが入っても、心乱されることなく 集中して作業を続けてください。



P1040357.jpg

包み終わりに ほんの少しだけ水をつけて閉じ、丸くかたちを整えます。
(オブラートが余りすぎるようなら、カットしてもOK。)

<Point★その3>
オブラートは、水分で溶けるので ここから先はスピーディーに!
フードやお皿など、先に用意できるものは 準備しておきましょう。



P1040358.jpg

ネコの好きな ウエットやおやつを用意します。
ニャン吉の場合、普段ほとんど食べさせたことのない 一般食のウェットフードにしてみました。

懐石zeppin缶 「かつお白身」です。懐石・・・。



P1040364.jpg

お皿に、ほんの少しだけ、フードを入れます。親指の先ぐらいかな?

<Point★その4>
食べ残されては 元も子もないので、最初は少量で!
かといって 少なすぎても クスリの存在感が目立ってしまうので
その辺りは年の功で 上手いことやってください。



P1040360.jpg

フードの真ん中に、小さなくぼみを作ります。
チキンラーメンの たまごポケットみたいな感じで。



P1040362.jpg

そのくぼみに、オブラートで包んだクスリを IN!



P1040363.jpg

クスリを 隠すようにして、フードで 包み込みます。
少し水分があった方が やりやすいかも。

<Point★その5>
上からも下からも横からも、どこからも見ても くすりが見えないように
フードのど真ん中に くるみこんでください。


さあ、これで準備はOKです!
あとは 美味しく食べてもらうだけ。


ニャン吉さん、オヤツですよ~♪


P1040370.jpg

<Point★その6>
ネコは、いつもと違う空気に 敏感です。
気持ちは大変よく分かりますが、至近距でガン見したり
下から覗き込んだりするのは やめましょう。(←マルヨがよくやる)



P1040369.jpg

はい、ニャン吉さん 完食~♪♪♪



オブラートにくるんだクスリは 一回り大きくなって、
こんなものを食べるのだろうかと 心配になりますが
ネコにとっては 見た目よりも 匂いがポイントなのですね。
(ニャン吉にとっては、かもしれませんが・・・)

オブラートで匂いをシャットアウトしたクスリは フードに混ざってしまえば何の抵抗もないらしく、
ぱくぱくと あっという間に食べてくれました。

この方法にしてから 1週間ぐらいがたちますが、今のところ 全勝です。失敗ナシ!

ニャン吉は、もう引きこもることもなく
絶好調で 家中を闊歩し、コロンコロンと 転がりまくっています。



口をこじあけて クスリを放り込んでも、ケロッとしているネコも たくさんいます。(例:グン太)

でも、ニャン吉のように 押さえ込まれて 口を開けられるという行為だけで
過度のストレスになってしまうコもいるのです。

そして、投薬する側のニンゲンにとっても やっぱりそれはストレスで、
それは ネコとの間に 不穏な空気が流れる原因にもなってしまいます。


直接口に入れる投薬が ダメだというわけでは もちろんありません。
やっぱり、何といっても それが一番確実な方法だと思います。

オブラートの方法だって、今後もずっとうまくいくのかどうかは 分かりません。
もしも食欲がなかったら アウトなわけですし、嗜好が変わることも あるかもしれません。


「これでなくては」と 決め付けずに、
その時々で、ニャン吉のようすを 見極めながら
一番いい方法を 選択していければいいかな、と 思っています。

とりあえず今は このオブラート作戦が
ニャン吉にとっても 私たちにとっても 一番ストレスのない方法のようです。



どこかのネコちゃんが ニャン吉と同じように これで上手にだまされて、
飼い主さん共々 ゴキゲンになってくれたら とてもとても うれしいです♪




                       
 
P1040374.jpg
グン太「最近、オヤツが グレードアップしてるよね!」


↑ こういうのを、「漁夫の利」といいます。


スポンサーサイト
03:50 | 未分類 | comments (10) | trackbacks (0) | page top↑

グン太のこだわり。

暑いですねー!

転がっているネコたちに もふもふすると、
顔中毛だらけになって 大変暑苦しい季節です。


気温の上昇とともに 我が家で見られた現象といえば・・・

P1040045.jpg

グン太、タワーに 戻ってきました!(↑ 私的に、足がツボ。)

※参考記事→ 「諸行無常の響きあり。」


ベルベットのような生地のハンモックは 見ているだけで アセモができそうなのですが、
どうやらここは、グン太にとっては 避暑地の別荘のようです。



別荘に戻ってくるなり、グン太が はじめたこと。それは・・・


グン太「もうちょっと、左!」


室内装飾の アート・ディレクション。



DSCF6098.jpg

ピクチャーレールからつるしているのは、額縁に入れた レコードジャケット。
ごく普通に、このように 飾っていたのですが・・・



P1040237.jpg
グン太「うん、こんな感じかな?」



それが なぜか グン太には気に入らないらしく、
このように チョイチョイして、ナナメにしてしまうのです。



P1040235.jpg
グン太「よし、カンペキ!」



グン太が見てないすきに、こっそり 元に戻しておいても・・・



P1040228.jpg
グン太「ダメだよ!!」


絶対に ナナメじゃないと ダメらしいのです。



P1040230.jpg
グン太「もー!Bacoは ゲージュツが分かってないなー!!」


何度まっすぐに直しても、何度でも ナナメにします。




そして現在では、もはや ナナメのまま定着しております。


もちろん、グン太の ゲージュツ的才能を 尊重してのことです。
根競べに負けたわけでは ありませんからね!!

00:49 | 未分類 | comments (5) | trackbacks (0) | page top↑

ニャン吉的 飲水法

ニャン吉は、お水が大好き。

マルヨが 蝶よ花よと育てたおかげで
ニャン吉は 新鮮なお水しか飲みません。

汲んでから 時間がたったお水には 見向きもしないので、
1日に10回以上は 交換しています。


あ、ニャン吉!お水、今換えたばっかだから 新鮮だよ♪

P1040291.jpg
よしよし、美味しそうに 飲んでるねえ。



P1040290.jpg
あ、お水に 手を入れようとしてるね?

手に お水をつけて、ペロペロするんでしょ?
あれ、カワイイんだよね~




・・・。



P1040282.jpg
・・・あの・・・。


P1040286.jpg
・・・ニャン吉さん?



ネコが 手で水をすくうようにして 口に持っていくようすは、とてもカワイイですよね。

ニャン吉も ときどき それをやるのですが、
このように 入れた手を 水にひたしたまま
普通に口から ごくごくごく・・・と 飲み続ける方が多いです。

なんでなんだろう??


1) 手を口に持っていく時間も 惜しいほど、喉が渇いている。

2) 水の温度を 確かめている。

3) 水を飲むと同時に 手を洗っている。

4) 裂きイカをあぶって食べたときに 指をヤケドしたので、冷やしている。

5) 実は、ニャン吉は 肉球からも 水が飲める。


みなさん、どれが真実だと思いますか?




P1040292.jpg
ニャン吉 「ごちゃごちゃ うるさいわね。それより このネコ草、どうにかしなさいよ。」


あ、きっとそれは 満場一致で 賛成だと思う!
00:39 | 未分類 | comments (6) | trackbacks (0) | page top↑

グン太の長所。

ブログを見てくださる方から よく言われること・・・


「グン太くんって、お手手が 長いですよね!」

P1020078.jpg

そうなんです!





グン太は、お手手が長くて カッコイイんだよね~♪



DSCF8883.jpg

ちっちゃい頃から、筋金入り!



ときには、その長さを 持てあますこともあるようで・・・



P1040197.jpg

これは ソファから降りている途中というわけでは ありません。
グン太は この格好が落ち着くらしく、よく こうやって くつろいでいるんです。



P1040088.jpg
「休め!」のポーズも 得意です。



グン太を見ていると、ニャン吉のお手手が ずいぶん短いように思えてくるのですが・・・

P1030889_20110603013549.jpg
ニャン吉「なんか 不快だわ。」


たぶん、日本ネコとしては こちらがフツウ。



さて、そんな 自慢のお手手を使って グン太が することと言えば・・・


DSCF5795.jpg
やっぱり マグネット落とし。



P1000770.jpg
あと、ニャン吉に チョイチョイ。



こういうのを、ニホン語で 「宝の持ち腐れ」と申します。
02:33 | 未分類 | comments (9) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。