スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

Be Quiet!

ニャン吉は、うるさいのが 大キライ。
ちょっとした物音にも、敏感に反応します。


ガッシャーン!!


DSCF3895.jpg
ニャン吉 「Baco、またグラス割ったわね!野蛮人!!」



ガーガーガガーー!!



ニャン吉 「掃除機を 発明したヒトを 恨みます。」



ハ、ハ、ハクション!!


DSCF3471.jpg
ニャン吉 「アタシを ひざに乗せてるときは、クシャミ禁止でしょ!何様のつもり!?」


き、厳しいっすね・・・



それはまるで 冬の詩人のように、かくも静寂を愛するニャン吉さん。
本当に、軽いクシャミをしただけで 飛び上がります。


・・・そんなアナタが、なぜ ここに。


DSCF40993.jpg
ニャン吉 「これは、許せる。」              (↑ 布団乾燥機、稼動中・・・)


スポンサーサイト
00:11 | 未分類 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑

犯人はダレ?

机の上の、私のピアス。

左右違うピアスで、アシンメトリーなオシャレを・・・

というわけでは もちろんなくて、
2対のピアスを置いておいたのに それぞれ見事に片割れになっていたのです。


こんなとき、「証拠はなくても 犯人はクマ」だった我が家。

思えば、クマがいた頃は こんなチマチマしたものをその辺に放置したりはしなかったなあ。
だって、置いたそばから チョイチョイされるもの。

犯人がいなくなってしまった今、すっかり油断した私は
こんなところに ピアスを置きっぱなしにしていたわけなのですが・・・。


ピアスの片割れは、テレビの後ろと カーテンの陰で それぞれ発見されました。
まさか マルヨがチョイチョイしたとも思えないので、ニャン吉の仕業なのでしょう。


私のひざに 乗って離れなくなったり、
夜中に大声で騒いでみたり。

DSCF3480.jpg
カメラを構えているのに こっちに突進してきて、こんな写真になってしまったり。


クマがいなくなって以来、ニャン吉の「クマ化」が進んでいるのですが
これもまた その一環なのでしょうか。


DSCF3570.jpg
ニャン吉 「アタシ、そんな安物のピアスに興味ないわよ。」


えっ、そうなの?

もしや、夜中にクマちんが 遊びに来てた??
だったら 起こしてよーーー!!(泣)




     +++++ ちょっと お知らせ+++++ 

「TILE×TILE」で、ニャン吉とクマのタイルを 紹介してくれています!
よかったら、遊びに行って見てくださいね♪
21:01 | 未分類 | comments (9) | trackbacks (0) | page top↑

レッツ、エクササイズ!

見て見て~、ニャン吉の この寄り目!たまらないでしょ??
DSCF3578.jpg
ニャン吉が狙う その先にあるものは・・・

DSCF3605.jpg
去年、エイミーさんが ニャン吉のために はるばるアメリカから送ってくださった
レーザーポインタのオモチャです♪


ニャン吉は、じゃらしなどのオモチャには あまり興味がないのですが、
このビーム系にだけは 目が無くて、ネコが変わったようになるんです(笑)。


DSCF3873.jpg
ものすごい 臨戦態勢です。

DSCF3877.jpg
その割には、狙い外し過ぎ・・・。


あんまりカワイイので 動画にしてみました。




途中、間が空きますが(笑)、躍動感のあるニャン吉さんは 貴重ですよ!


ニャン吉が 年の割りに スリムでピカピカな姿を保っているのは
この「ビーム・エクササイズ」に秘訣があったのかも!?


一方、私ときたら・・・

DSCF3385_20090117211054.jpg
ダイエットモードだけは持続中で、またしても こんなDVDを買ってはみたものの
あまりのキツさに 一回見ただけで お蔵入りになってしまいました。

マルヨが、
「それで、Bacoはいつ クラウディアになるの?」
って、無邪気な笑顔で聞いてくるのが ちょっとイヤです。
16:02 | 未分類 | comments (8) | trackbacks (0) | page top↑

おしゃれキャット★ニャン吉

ちょっと、ニャン吉さん!こっち 来なさい!!


ニャン吉 「何よ。」


ニャン吉が この階段の角のところで スリスリするから・・・


DSCF3849.jpg
ニャン吉の色が 付いちゃったじゃいないの!


DSCF3850.jpg
ニャン吉「今回のカラーは 結構色落ちするのね~」


DSCF3851.jpg
ニャン吉「やり直してもらわなくっちゃ!」


こらっ!逃げるな!!


20:22 | 未分類 | comments (9) | trackbacks (0) | page top↑

うちのクマちんは 世界一! Vol.4~ ニャン吉も エラかった !~

愛猫とともに 病気と闘っていくことになったとき、
同居ネコがいる場合は そちらのことも気になりますよね。

クマの2ヶ月間の闘病中は、もちろん ニャン吉とも一緒に暮らしていたわけです。
リンパ腫は 伝染する病気ではないので、生活空間を分ける必要はありませんでした。

08-05-31_10-351.jpg
↑ 自分が病気なのに、健康なニャン吉を せっせと なめてあげるクマ。


ひとつだけ 気をつけていたのが、トイレです。

クマは 定期的に、化学療法による抗がん剤を 投与されていました。
そのときお医者さんに注意されたのが、
「抗がん剤投与の当日と翌日は 排泄物に直接触れないように」
ということでした。

みなさんご存知のとおり、抗がん剤には 強い副作用があります。
ニンゲンが触れてもいけないほど キケンなものに
ニャン吉を近づけるわけにはいきません。

ニャン吉とクマは、ひとつのトイレを共有していました。
トイレをそれぞれ専用にしようと もうひとつトイレを買ってもみたのですが、
生活空間を完全に分けない限り、あまり意味がありませんよね。

クマの病気の心配だけでも 私の小ぶりな脳みそからは 溢れそうなのに
これ以上 ひとつでも不安の種を抱えたくなかった私は、
「クマがトイレを使ったら 砂は全取替え&トイレは丸洗い・抗菌すること」
という、手間はかかるけど 安心できる方法を取ることにしました。


抗がん剤を投与した後は、身体の中に クスリを溜めないように
とにかくお水をたくさん飲んで たくさん出してもらうことが大事です。

いつもキレイで 気持ちいいトイレだったら、
うれしくて おしっこする気にもなってくれるかな?という想いもありました。

実際、クマは おしっこもうんちも 順調なことがほとんどで、
それをノートに記録するのが うれしかったのを覚えています。

DSCF1108.jpg
クマ 「エヘン!」

えらかったね~♪


「使うたびに トイレを丸洗い」は、抗がん剤を投与した当日と翌日以外は 必要なかったのでしょうが、
投与のスケジュールは クマの体調とも相談しながら決めるため 変則的です。
忘れないように気を張っているよりも いっそ習慣になってしまったほうが 楽だと思い、
ほとんど毎日 それを繰り返しました。マルヨも一緒だから 出来たことです。

当然、ものすごい勢いで減っていく 猫砂・・・。
買いに行く時間もなく、ネットで まとめて注文していました。

そして、今でも そのとき購入した砂を使っています。
あれから もう6ヶ月以上がたちますが、まだ何袋も残ってるんです。
一体、どれだけ買いだめしてたんでしょうね・・・(笑)。


ニャン吉は もともと手のかからないタイプのコだということもあり、
トイレのこと以外では 何も特別なことはしていませんでした。

でも、急に すべてが クマを中心に動くようになり、
家の中も クマの看病のために あれこれ様子が変わったりもしました。
神経質なニャン吉が 全く動揺しないはずがありません。


DSCF1223.jpg
ニャン吉 「Bacoと違って 繊細なのです。」


実は、いちど 膀胱炎になりかけました・・・(ゴメン!!)

病院で抗生剤を打ってもらったら すぐに良くなり、
大事に至らなくてほっとしたけど・・・これは明らかに ストレスが原因だと思われます。
それは クマじゃなくて、私がかけた ストレスだよね。

前にも書いたように、クマの居場所によって寝る場所も変えるほど
私の生活は 完全にクマを中心にまわっていました。

やきもちとか そういうこと以前に、ニャン吉の生活を 一方的に乱してしまい
しかも そのことに対して ノーケアだったと 反省しています。

ニャン吉、ごめんね。


そう言えば、ニャン吉の クマへの態度は いつもと変わりなかったように思います。

08-05-31_10-35.jpg
↑ なめてあげたのに、いつもどおり怒られてるクマ。


でも、クマちんはきっと このいつもどおりのニャン吉が うれしかったと思うよ。
ニャン吉も、がんばったよね。一緒に、応援したんだよね♪

(でも、ニャン吉パンチまでは しなくてもいいんじゃないかと・・・。)
23:35 | うちのクマちんは 世界一! | comments (10) | trackbacks (0) | page top↑

2009年も、よろしくね。

ごあいさつが すっかり遅れてしまいましたが、
新年あけまして おめでとうございます。

今年も 「ネコりんぼ。」と 仲良くしていただけたら 幸いです♪


さて、お正月といっても 今年はそれらしいことは 全然してないのですが
初詣には行きました。


DSCF3948.jpg
鎌倉にある 「ぼたもち寺」です。縁起がよさそうでしょ?

1月3日の鎌倉は、駅の中も外も 大混雑。
でも、地元の友人が連れて行ってくれた、裏道にひっそりとある このお寺は
人影も無く 静かで こじんまりとしていて、落ち着いてお参りができました。



今年は 良い年になりますように・・・。


ぼたもち寺と言えば・・・

DSCF3687.jpg
ニャン吉って ぼたもちっぽいよね~。


DSCF3716_20081226233115.jpg
ミカンも 乗せてみました♪


ニャン吉と ゆるゆると遊んでいる このお正月、
マルヨは九州の実家に帰省のため 留守でした。


さぞかし、ニャン吉さんが なげいていたと思うでしょ?

ところが・・・。
マルヨが不在だった 5日間の間、
不安げなようすを見せていたのは 初めのうちだけ。

あとは ゴハンもよく食べるし、よく遊ぶし、
私がコタツに入れば イソイソと乗ってきて ゴロゴロと 寝ていました。

DSCF3988.jpg
ニャン吉 「初ゴロン♪」


マルヨがいなくても お留守番ができるようになったのね~、と
安心していたのですが・・・。


5日の夕方、マルヨが帰宅。

Baco 「ニャン吉~!待望のマルヨさんのお帰りですよ~!!」

マルヨ 「ニャン吉~!会いたかったよ~!!(やや涙)」


DSCF3900.jpg
ニャン吉 「・・・。」

あ、あれ??

ニャン吉が 物陰にかくれて ようすをうかがっています。
声をかけると 妙な声で鳴いたりもします。

私の膝の上に乗ってきても マルヨと反対の方を向いたりして、
でも 拗ねてるっていう感じでもないんです。

ものすごく混乱し、動揺しているんです。


このとき、私には ニャン吉の気持ちが 手に取るように分かりました。

ニャン吉は、マルヨがいなかったことに 怒っているわけではありません。
ましてや、数日間不在だっただけで 愛情が薄れているわけでもありません。

マルヨがいなくて 不安で寂しかったニャン吉。
小さな身体に、その感情は 大きすぎたのかもしれません。
「マルヨの不在」に慣れ、それを受け入れてしまうことで
自分が 不安な感情によって 押しつぶされてしまわないようにする
自衛本能が働いたのだと思うのです。

そして、平穏な日々を取り戻していたところに
そのマルヨが 突然表れたものだから
うれしさよりも先に 混乱が訪れてしまったのでしょう。

ニャン吉の動揺がおさまり、少しずつマルヨに近づいていって
最終的にいつもどおりの 「マルヨLOVE」なニャン吉に戻るまで
数時間はかかりました。

ああ、愛とは かくも 複雑なものなのか・・・!


DSCF3547.jpg
ニャン吉 「で、こんどは Bacoがいなくなるんでしょ?どうぞ ごゆっくり~♪」


すみません、今のところ 別にそんな予定は・・・。
10:00 | 未分類 | comments (9) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。