スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

うちのクマちんは 世界一! Vol.2~ クマ専用処方箋 ~

クマが病気になって、いちばん考えたのは
「わたしにできることは 何だろう?」
ということ。

病気をなおすのは、お医者さん。

私たちは、そう思いがちです。
もちろん、それは間違いではありません。

でも、お医者さんにしかできないことがあるように
飼い主さんにしか できないことだって あると思うのです。


クマが病気になったとき、私は「リンパ腫」について 勉強しました。
本を読み漁り、ネットを検索し、知識のある人に尋ね・・・
ひととおりの知識を 身につけたと思います。

でも、途中で 思い知ることになったのは
「見るべきなのは 医学レポートではなく クマ であるべきなのだ」
ということです。

そんな簡単なことに 考えが回らないくらい、動揺していたということでもあります。


たとえば・・・。

クマは暑がりなので、寝るときも あまり毛布にくるまったりはしません。
でも、ふと気がつくと 耳が冷たくなっていたりするのです。

寝ている間に、冷えて体温が下がってしまったのでしょう。

元気なときなら 気にするまでもない ささいなことですが、
こういうとき 決まってクマは 元気がなくなりました。

そこで、無理やり 毛布をかぶせ、必要なら電気アンカも投入。
やさしくやさしく マッサージも してみたり。

DSCF1663_20080921182148.jpg
クマ「なんか、ホカホカしてきた!」

↑ クマが 枕にしている毛布には アンカ在中。

少しずつ、体が温まってくると・・・クマも元気になってくるのです!
これは 本当にうれしかったなあ。


それから・・・

人一倍、甘えん坊で さびしがりやのクマ。
普段から、目が覚めて 周りに誰もいないと 大騒ぎでした。

病気になってからも、もちろん その性格は変わりません。
私を探し回ることで 体力を使ったり、
不安な思いが増長して ストレスになってしまったら・・・?

そういう不安要素を 取り除くため、
「クマが目が覚めたら 必ずBacoの姿が見えること」
鉄則としました。

私がその部屋のどこにいても クマから見えるように、
見晴らしのいい 高いところにクマのベッドを設置。

DSCF1619_20080921180830.jpg
クマ「2階建てベッドなの!」

マルヨが家にいない間は、私はほとんど その部屋にこもりっきり。

DSCF1612_20080921180845.jpg
クマ「今日は 2階で寝ようかな・・・あ!ニャン吉!!(← ウレシイ)」


クマが一声あげれば 私は何をしていても中断し、
飛んでいって 「だいじょぶだよ、クマちん♪」と 頭をなでました。

夜は、寝室から フトンを引っ張り出してきて クマのベッドのとなりで眠ります。
震度4の地震でも目を覚まさない私が、クマの「ニャン」の一声で 朝の4時でも 飛び起きました。

DSCF1687a.jpg
クマ「Bacoが いつも いるんだよ♪」


本当に、ちょっとしたこと。ささいなこと。
お医者さんに話しても 笑って 聞き流されてしまうようなこと。

それでも。

最終的に リンパ腫には勝てなかったものの、
病気と闘っていくうえで この「ちょっとしたこと」は
とても大きな意味を持っていたと
私は 自信を持って言うことができます。


リンパ腫のような 手ごわい病気が相手だと
「5年生存率」とか 「再発率」とか、
耳にするだけでも恐ろしいような名前の数値が 出てきます。

名前だけでなく、そのパーセンテージが示す現実は
全く 目を背けたくなるようなものかもしれません。

でもね。

それは、同じ病気というだけで 全てひとくくりにはじき出された
数学上の「確率」でしかありません。

たとえば 今あげたような、ちょっとしたこと。
でも、飼い主さんにしかできない 大切な大切なこと。

その ミラクル・ポイントは、統計には 加算されていないのです。

だって、それは 他のネコちゃんには 通用しない、そのコだけの 処方箋なのだから。


だから、現在 病気と闘っているネコちゃんも、飼い主さんも。
他の人には出せない その処方箋を、信じてください。

応援しています。
スポンサーサイト
14:12 | うちのクマちんは 世界一! | comments (15) | trackbacks (0) | page top↑

ファイナル・ミーティング。

中華街での大オフ会の後、札幌組の rinkoさん&yuraさんと 羽田までご一緒しました。

といっても、単に 車でお送りするだけが 目的ではありません。
羽田空港では、「ねこが にっきを かきました」の きょーこさんが 待っていてくれるのです!

ハードな旅行スケジュールの3人が、がんばってやりくりして 実現してくれたこの逢瀬。
乗っからないわけには いきません!

中華街から 最後のドライブ。山下公園の前を通り、ベイブリッジを渡って・・・
第2ターミナルに到着。

rinkoさんか きょーこさんの どちらかが間違ったせいで (笑)
すぐに会えなかったのも 何だか気持ちを盛り上げる演出のようで。

ようやく 愛しのきょーこさんとの 感動の対面を果たし、
4人で カフェに落ち着き、本日最後のケーキ4つを無事に確保して。

たくさんの話を 聞かせていただき、
また、たくさんの話を 聞いていただきました。

「たっぷり おしゃべりの時間あるね!」
って 言ってたのに、全然まだまだ 足りないよ・・・。

飛行機の時間が来たから バイバイしただけで、
話はまだ 終わってません。そうだよね!?

いつか、またこの続きを、ね。

DSCF1786.jpg
ニャン吉「付き合ってあげてね。」


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

最後になりましたが・・・

クマのことで 今回あらためて 何人もの方たちが涙を流してくださいました。

せっかくの楽しい時間に 悲しい想いを呼び起こしてしまって
申し訳ない気持ちはあるものの、
同時に私自身は 慰められ、また とても感激しました。

なんて、クマは 愛されていたんだろう。

本当は、元気なクマに 会ってほしかった。
どんなにかわいいか、見てほしかった。

でも、みんな クマのこと、ちゃんと 知ってたみたいです。
会ったこともないのに、クマのこと 1ミリ違わず 伝わってました。

本当に、うれしいな・・・。


ありがとうございました。
そして、これからも どうぞよろしくお願いします。


Baco
22:08 | 未分類 | comments (10) | trackbacks (0) | page top↑

生ブログ。

すでに あちこちで話題になっている 「ネコブログオフ会 in 横浜中華街」
北から西から ネコブロガーたちが大集結したこの集いに、
僭越ながら 私も参加させていただきました♪

宴のようすについては rinkoさんの 『もふもふパラダイス』~すちゃらか道中記~にて
今後続々とUPされるはずですので どうぞ見に行ってみてくださいね♪
(rinkoさん、あとは 頼んだ!)

今回、メインイベントである 大オフ会の他にも
「ゆきさん家にて パスタをごちそうになる会」
「まったり姉さん家にて 鍋をごちそうになる会」
「rinkoさんが Bacoの家に お泊りする会」にも
参加させていただきました!

DSCF2160.jpg
ニャン吉 「最後のは、自宅に帰っただけですね」

「猫とベランダ畑でHappy Life★」の ゆきさん宅に集合したのは・・・

「もふもふパラダイス」の rinkoさん
「5ニャンコ a-GO-GO!!」の yuraさん
「GMのお気楽留守番日記」の がるまあさん
「猫そして写真」の フクウタ母さん
「来来福福」の まったり姉さん

お料理上手と巷で有名な ゆきさん手作りのミートソースは まさに絶品!!
さらにサラダも2品、自家製バジルソースまで・・・

おしゃべりにも参加しながら、涼しい顔して7人分のランチを手際よく作りあげるなんて
本当に 信じられません!

・・・実はキッチンの裏で イタリア人を3人くらい 使ってるんじゃないかしらね?


DSCF1909_20080919005628.jpg
ニャン吉 「そんなステキなランチの写真を 撮ってこなかったことの方が 信じられません。」

ソルトちゃん&シュガーちゃんは キレイでかわいいし、
ベランダ畑のオクラは巨大だしで、それどころじゃなかったんです。


そして、その後は まったり姉さんのお家に移動!
ネコちゃんいっぱいで、夢のよう♪

DSCF1908.jpg
ニャン吉 「姉さん家では がんばってネコちゃんの写真を撮ってきたものの、
      どうにもボケボケで 載せるに忍びないそうです。」


リンちゃんは、ふわふわしてるから ピンボケもわかりにくいかな?

DSCF2410.jpg
リンちゃん 「どんなにヘタでも カワイく撮れるから大丈夫よ♪」

そのとおり♪♪


姉さんの鍋も お料理も、とっても美味しかった!!
ネコちゃんが4匹もいるのに、おうちの中もキレイにしているし
すごいなあ・・・

やっぱり、屋根裏部屋には メイドさんが3人くらい・・・


DSCF1937_20080919005649.jpg
ニャン吉 「いませんから!(キッパリ)」



そして、姉さんの家から rinkoさんとともに 我が家に帰宅。
部屋に入るなり、2倍に膨らんだシッポを抱えたニャン吉が rinkoさんの脇を駆け抜けていきました。

ゆきさん家の ソルトちゃん&シュガーくんや
姉さん家の 福ちゃん・タビちゃん・大ちゃん・リンちゃん・・・
今日は たくさんのネコちゃんに 会ってきましたが、

そんな、残像しか見せないような子は いませんでしたよっ!!

しょうがないので マルヨと3人、ネコ抜きで おしゃべり。
いろいろ いろいろ、おしゃべり おしゃべり。

寝たのは 3時くらいだったかな?
rinkoさん、旅の最初から 疲れさせちゃってごめんね~ (← 思ってないけど)


そして翌日!

起きてくるなり、カーテンの陰で早朝パトロール中のニャン吉を発見したrinkoさん・・・

ニャン吉 激写!!

デジイチのシャッター音で すぐに逃げるかと思いきや、
意外と じっとしていたので たくさん写真を撮ってもらえましたよ~!

勝因は、rinkoさんが ニャン吉に近づきながら 口ずさんでいた歌だと思います。

rinko さん 「ニャンキッチちゃん~♪ ニャンキッチちゃん~♪♪」

という 安易な歌詞とメロディは、 我が家でも しばしば聞かれる それと 同類のものでした。
つい、ニャン吉の緊張の糸が 切れたのかもしれません。

DSCF2341.jpg
ニャン吉 「はっきりいって、腰がくだけました。」

いやいや、おかげで キレイな写真を撮ってもらえて よかったね~♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

というわけで、たくさんのネコブロガーさんにお会いできて
とても楽しい経験ができました。

普通に生活していると、自分の「血中ネコ度」の高さが
少々異常ではないかと思うこともあるのですが、
みなさんとお話していると そんな不安はふっとびます♪

楽しい時間をありがとうございました。
そして、これからも どうぞよろしくお願いします・・・。

DSCF2247_20080919005705.jpg
ニャン吉「なんのとりえもありませんが、Bacoのことを どうぞよろしくお願いします。」
01:44 | 未分類 | comments (15) | trackbacks (0) | page top↑

新キャラ、登場?

あっ 大変! ニャン吉が 庭に出てる!!

DSCF2272.jpg


ええっ!分身の術!??

DSCF2297.jpg


・・・あ、わたしの一人芝居は もういいですね?





ニャン吉そっくりの しまねこさんが ときどき うちの庭に遊びに来るようになりました。
(ちなみに、この庭は 放ったらかしで 荒れ放題なのではなく、「究極のナチュラル・ガーデン」です。)


とういか、私たちがこの家に引っ越してくる前から この庭はこの子の通り道だったのでしょう。
彼(彼女?)にしてみれば 闖入者は ニャン吉も含めて私たちの方ですね。

マルヨとふたりで、
「今日は アイツ見た?」
「見た見た!アイツ、うちの庭で寝そべってたよ~♪」
といった感じで、我が家の最新トピックスと言っても過言ではありません。

野良猫なのか 飼い猫なのかも分からないし、性別も年齢も分からない
このネコさんのことを うちでは 「アイツ」と呼んでいます。

私と目があうと、アイツは不信な顔をするものの、
一目散に逃げるでもなく・・・今のところは まだまだ 微妙な関係。

もうちょっと 仲良くなれたらいいな・・・♪なんて思いながら、
今日もアイツの訪問を 楽しみにしている私です。


でも・・・。

ここに、違う意見のヒトがひとり。

DSCF2275.jpg
ニャン吉 「あっ アイツまた来た!!」


DSCF2299_20080902163717.jpg
アイツ 「あっ!『ネコりんぼ。』の ニャン吉さんだ!いつも見てます~!!」
ニャン吉「アンタ、誰よ!? なによ、その変な しましま!」

アナタたち、そっくりですよ。


DSCF2293.jpg
アイツ「ニャン吉さん、ブログと違って なんかコワイ・・・」
ニャン吉「失礼ね!Bacoの撮る写真より 実物のほうが断然キレイなんだから!!」


ニャン吉は、アイツが来ると 大騒ぎ。
ウーウー 唸るわ、シャーシャー威嚇するわ・・・。
ほんと、コワイったら ありません。


DSCF1952_20080902163616.jpg
ニャン吉 「また アイツが来たら、追い出してやるわ!」

というわけで、ニャン吉さんのパトロール、大強化中。


DSCF1968.jpg
ニャン吉 「アイツが来たら・・・」


もしかして、なんか ちょっと楽しみになってきてませんか?

20:54 | 未分類 | comments (18) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。