スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

やったー!

あんまりパッとしない サマーコタツの登場から 数日後。
ついに ニャン吉が近づいてきました。


DSCF5827.jpg

ニャン吉「Baco、ひざに乗るわよ。」

も、もちろんでございます。ニャン吉あっての 私のひざでございます!


DSCF5829.jpg

ニャン吉「なにこの布、ゴワゴワじゃない。」

あんまりフワフワした布だと、夏向きじゃないかな~、とか思ったんですけどね。
お気に召さなかったら 申し訳ありません・・・。


DSCF5825.jpg

ニャン吉「しょうがないわね。よいしょっ っと。」


おおっ!ニャン吉による サマーコタツ承認の瞬間です!!ばんざーい!!



DSCF5826.jpg

ニャン吉「言っとくけど、満足してるわけじゃないわよ。」


正式なコタツの季節が来るまでは これでガマンしていただきますからねっ。

スポンサーサイト
12:21 | 未分類 | comments (18) | trackbacks (0) | page top↑

あなたの腕時計は・・・?

「腕時計に求める条件は、結婚相手に求めるそれと同じである」

・・・という説を 最近耳にしました。
私は、いったい どんな条件をクリアしたのでしょうか?

早速 マルヨに質問してみました。


Baco「ねえ、腕時計を選ぶときに重視する条件って何?」

マルヨ「えーっとねえ、キラキラしてないことかな。」

キラキラ・・・「してない」んだ・・・。


Baco「ふ、ふーん。他には?」

マルヨ「あと、一定の重さがあること。」


一定の重さ・・・!??


答えが面白すぎて、これ以上続けられなかったのですが
この後には どんな条件が出てきたのか知りたかったような、知りたくないような・・・。


質問の意味を説明したあと、しばらくしてから

マルヨ「えっと、あと 上品でカワイイ腕時計・・・」

って 付け足してました。


ところで、これは ネコにあてはめると
「飼い主に求める条件」になるのではないでしょうか?

ニャン吉が、腕時計に求める条件は?

DSCF5736.jpg

ニャン吉「ゴージャスで、なおかつ 針の音が静かなこと。」

ゴージャスじゃないうえに、よく物を落としたりして うるさくてすみませんね。


クマにも、一応聞いてみようかな。

DSCF4904.jpg

クマ「ボクと遊んでる途中で 雑誌読みはじめたりしないこと。」

そんな時計はないと思いますが・・・。

18:55 | 未分類 | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

コタツ in summer.

コタツを撤去したために、ニャン吉からずっと恨みがましい目で見られている私。

といっても、最近のこの蒸し暑さ。
こんななってるニャン吉の姿をよく見かけます。

DSCF5698.jpg

(暑くても、キチンとしています。)

さすがのニャン吉も、こんな日にぬくぬくのコタツに入りたいわけではありません。

ニャン吉は、私のひざの上に乗っかって なでなで&おしりポンポンしてもらいたいのですが
それには ぜひともコタツのフトンが 必要なのです。

「ひざかけを 使えばいいんじゃないの?」

と 思うでしょうが、そう簡単な話ではないのです。

コタツに入っている私のひざに乗り、コタツ側によりかかるようにして
身体をフトンに預ける状態が ニャン吉的には大変気に入っているようなのです。
ちょうど、コタツと私の間にはさまるような感じ。

DSCF1365.jpg

ニャン吉「この密着感が 大事なの。」



じゃあ、もしかして コタツにかける布さえあればいいんじゃないの・・・??
と思って、生成りの布をかけてみました。

ニャン吉さん、どうでしょう?

DSCF5767.jpg

ニャン吉「テーブルクロスのかけ方、間違ってるわよ。(冷)」

いや、テーブルクロスじゃなくて あなたのための サマーコタツなんですが・・・(泣)

ま、まあ、新しいモノには慎重なニャン吉のこと。
もう少しようすを見てみることにしましょう。


ところで、このコタツを制作するにあたっては、お手伝いクマちんが 大活躍してくれました。
お手伝いのようすはコチラ。

そして、サマーコタツをいちばん喜んでくれてるのも クマちんです。


DSCF5804.jpg


使い方としては 全然間違ってるけどね・・・。


08:47 | 未分類 | comments (12) | trackbacks (0) | page top↑

本屋さんごっこ。

あら?八重洲ブックセンターで、こんな本買ったかしら?

DSCF5426.jpg

クマ「ボク、ひゃっかじてんです。良いひゃっかじてんは、重いのです。」

そうかそうか、百科事典か。
私、いまだにケータイの「パケット」って意味分かんないんだけど、教えてくれる?

DSCF5432.jpg

クマ「・・・次の質問、どうぞ!」


百科事典並みなのは 重いところだけじゃん!
こんな役に立たずは 古本屋さんに持ってって 売っちゃおうっと。

DSCF5435.jpg

クマ「あの、泥だんごの作り方とか のってますよ。あと 虫とか。」


古本屋さん、引き取ってくれないかもね・・・。

15:13 | 未分類 | comments (16) | trackbacks (0) | page top↑

み、みなさんも 一緒に・・・。

先日、新聞を読んでいて ひとつの記事にくぎつけになりました。

「極楽ねこカレンダー フォトコンテスト」

ですって!?

記事によると、

日めくりカレンダーに使用する
「我が家の大切な愛猫(極楽ねこ)の秘蔵ショット」写真を募集中!


だそうです。みなさん、これは事件です!

「猫めくり」のような、ネコの日めくりカレンダーを見たことがありますが、
ある日カレンダーをめくると そこにうちのネコがいたら・・・(←妄想中)
キャーーーーッ!!

これは応募するしかありません!
応募は 一人一枚限定だそうなので、私とマルヨでそれぞれニャン吉とクマの写真を送ろうっと。

み、みなさんも 応募しませんか?
万が一、うちのネコが落選しちゃったとしても、お友達にゃんこが入選したらうれしいし♪
( ↑ 万が一って・・・)


しめきりは7月31日。
人物が入っちゃダメとか、合成は禁止とか、いろいろ約束ごともあるので
詳しくはコチラを→ 「アイシア2008 極楽ねこカレンダー フォトコンテスト」


DSCF4796.jpg

クマ「Bacoは 日めくりカレンダーを毎日めくれないひとなのに、応募できるの?」

うるさいっ。そんなの言わなきゃ分かんないでしょっ。


どっちかっていうと、うちのホープはニャン吉なんだからね、頼むよ!

DSCF5553.jpg

ニャン吉「2年続けて日本代表がグランプリってのは ないんじゃないかしら?」

もしかしてアナタ、ミス・ユニバースと勘違いしてませんか?

19:46 | 未分類 | comments (22) | trackbacks (0) | page top↑

梅雨前の青空。

ソファに 白いハトが2羽います。

DSCF5627.jpg


あっ 3羽になった!ていうか、ハトに見えないし。

DSCF5628.jpg


ハトじゃなくて、クマがひっくり返っていたのでした。

DSCF5640.jpg


昨日の東京ときたら まるで夏のような日差しで、気温もぐんぐん急上昇。
クマはすっかり のびています。

DSCF5621.jpg

クマ「ガリガリくん 食べるう・・・」


ところが、その同じ時間、同じ部屋で きちんと丸くなってるヒトを発見。
お鼻にしっぽカバーまで・・・。

DSCF5587.jpg

ニャン吉「Bacoなんか バカバカ!」


分かっています。これは、ニャン吉のわたしに対するあてつけなのです。

なぜなら・・・。

DSCF5602.jpg

ニャン吉「目を離したすきに こっそりコタツ外したね!」


窓の外に見えるのは、コタツのフトン一式&冬用羽ブトン。
お恥ずかしいのですが、これらを つい昨日まで使っておりました。

昨日と今日のおひさまを逃したら、もう梅雨に突入するかのうような天気予報。
このチャンスを逃したら、夏までコタツを出したままになってしまいます。

DSCF5591.jpg

ニャン吉「別にいいわよ。」

そりゃ、アナタはね・・・。


コタツをしまう時期には、毎年ニャン吉とわたしの間で 必ず一悶着あります。
(去年のようすはコチラ。)


DSCF5642.jpg

ニャン吉「ふん、コタツがないんなら Bacoのひざになんか 乗らないんだから。」

ええ~っ ! それはさびしいなあ。
なにか、コタツに替わるものを考えてみようかな・・・。


DSCF5639.jpg

ニャン吉「コタツ・・・。」
クマ「ガリガリくん・・・。」

12:56 | 未分類 | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

なんて呼ばれてますか?

私の甥っ子(小2)は、自転車でも行けるくらいの近所に住んでいるので
一緒に遊ぶのはもちろん、運動会や授業参観などの 学校行事にもよく参加しています。

先日 運動会を見に行ったとき、甥っ子の友達のママが
最近 私について 甥っ子とかわしたという会話を教えてくれました。

友達ママ 「 Tくん(甥っ子の名前)、おねえちゃん元気?」
      (↑私に気遣って「おねえちゃん」呼ばわり

甥っ子 「え、おねえちゃんてダレ??」

友達ママ 「ほら、参観日とか来てくれる おねえちゃんのことだよ。」

甥っ子 「ああ~、あれは おねえちゃんっていうほどのものじゃないですよ。
     それに そんな年でもないし~。」
 



・・・オイコラ! 


甥っ子は、私のことを「Bacoちゃん」と 名前で呼ぶので、
「おねえちゃん」といわれても そりゃあピンとこないでしょうね。
まあ、続柄的にも年齢的にも、「おねえちゃん」ではなく「おばちゃん」が正しいんでしょうけど、
その辺の微妙なオンナゴコロは、名前で呼ばせることによって守られているのです。
 
でも、「おねえちゃんっていうほどのものじゃない」って・・・(しくしく)
しかも「そんな年でもないし」って・・・(しくしくしくしく)


ところで、愛猫 に自分のことをなんと呼ばせるかというのも 人それぞれですよね。
「ママ」、「おねえちゃん」というのが やっぱり多いかな。家族だもんね


うちは呼び捨てですが・・・。

DSCF5075.jpg

クマ「Baco、オモチャ こんがらがっちゃったから なおしといて。」


DSCF2584.jpg

ニャン吉「Baco、そこにいると影になるから どいて。」


呼び方を 「奥様」とかにしておけば、もうちょっと私の扱いも違ったかもしれませんね・・・。

22:49 | 未分類 | comments (16) | trackbacks (0) | page top↑

バターロール・レクイエム。

熊本に住む、マルヨの両親は とってもハイカラさん。
私の実家の両親よりも ずっと年上なのですが、お出かけのときは いつもパリッとお洒落だし、
気持ちも身体も それはそれは元気です。5月の連休にも、東京に遊びに来てくれました。

そんなマルヨパパ&マルヨママ。
毎朝、朝食にバターロールを食べるそうなのですが、近所には美味しいパン屋さんがないからと、
東京に来たときはパンを大量に買って帰ります。

私も、いろんなパン屋さんでバターロールをまとめ買いしては 宅配便で送ったりしているのですが、
あまりにも あちこちで買っているため、
「こないだのアレが美味しかったから また送って」
と言われても
「えーっと、どこのだったっけ・・・」
ということになってしまうことも しばしば。

それで、こないだは 各種バターロールに 店の名前を貼って送りました。
「お好みのパンの店名を 教えてください♪」というメモとともに・・・。

DSCF5465.jpg

その結果、「ホテル・オークラ」の バターロールに軍配があがったようです。

ま、我が家では ヤマザキのバターロール(8個入り)でも
美味しくいただいているのですけどね・・・


ところで、バターロールといえば ニャン吉です。

マルヨが独身時代、ニャン吉とふたりで暮らしていたときのこと。

パン屋さんで買ってきた、紙袋に入ったバターロールを
テーブルの上においたまま外出したマルヨ。

帰ってくると、その紙袋は無残に切り裂かれ、
部屋中に白くてふわふわした物体が散乱しているではありませんか!

その物体とは、こんな感じ・・・。

DSCF5557.jpg


ニャン吉が、バターロールの入った紙袋を襲撃し、皮(?)部分のみを食べたのです!

どうせなら、ひとつのパンを丸ごと食べてくれた方が 助かるんですけど・・・。


DSCF2343.jpg

ニャン吉「何言ってるの、バターロールは、茶色いところが美味しいのよ!」


マジで!?
20:23 | 未分類 | comments (16) | trackbacks (0) | page top↑

目の錯覚・・・だよね?



ニャン吉、そんなに小さかったっけ・・・?
18:14 | 未分類 | comments (16) | trackbacks (0) | page top↑

監禁事件。

昨日の夜、大事件が起こりました。

私が駅まで車でマルヨを迎えに行き、ふたりで一緒に帰宅したのですが、
いつもならエレベーターの音を聞いただけで 玄関に駆けつけ、
扉から飛び出てきそうな勢いでお迎えをしてくれるはずのニャン吉の姿がありません。

マルヨの帰宅時にお出迎えがないというのは、ニャン吉がどこか具合が悪いときのバロメーター。
マルヨと私は 不安に顔を見合わせて、ニャン吉の名前を呼びました。

すると・・・

「ニャアァァァァァ・・・」

2階から、ニャン吉のすがるような声が!

階段を 3段飛びで駆け上がっていくマルヨ。

(この頃、お昼寝から目覚めたクマが よたよたと登場するも、誰からも相手にされず。)

なんと、ニャン吉は 2階の寝室に閉じ込められてしまっていたのです!


我が家は、ネコが自由に行き来できるように すべての部屋のドアを開けっ放しにしています。
ドアを開いた状態で固定する金具を使ってはいますが、強い風がふいたりすると外れてしまうので
そういうとき ドアが完全に閉まらないようにするため、ドアストッパーもつけています。


DSCF5543.jpg

こんな感じ。

それが、この日はドアストッパーも外れてしまっていたので、
おそらく強風かなにかで金具が外れたとたん、バタン!と寝室のドアが閉まり、
中でお昼寝をしていたニャン吉が 閉じ込められてしまったようです。


DSCF2418.jpg

ニャン吉「コワかった・・・。」

マルヨを迎えにいく直前、寝室で寝ているニャン吉を確認しているので
閉じ込められていたのはほんの20分くらいだとは思うのですが、
不安な思いをさせてしまったと思います。ごめんね、ニャン吉・・・。


さて、今回のニャン吉監禁事件。誰が悪いのでしょう?

① すごく風が強かったのに、寝室の窓を開けっぱなしにしていたBaco

② クマがうるさいとき 寝室に閉じ込めるためにドアのストッパーを外し、
  そのままにしていたマルヨ


③ その、うるさかった クマ



DSCF3654.jpg

ニャン吉「① と ③ でお願いします。」

は、了解しました・・・。
19:38 | 未分類 | comments (20) | trackbacks (0) | page top↑

ひとりで できるもん!

「猫が王子様☆ (…夫は?)」 の、みかさん家の世良くんは
手作りゴハンを食べるようになってから、見違えるほどよく遊ぶようになったそうです。

でも、世良くんたら、ひとりで遊べないんだって・・・ ( くすくす。)

だから、みかさんやダンナさまのところに おもちゃを持ってきては、
カワイイ声で「おもちゃ投げて~」と訴えるのだそうです。


うちのクマは、ひとりでも遊べますよ!( ふっふ~ん♪)

ほ~らね!

DSCF4076.jpg

・・・あ、これは遊んでるんじゃなくて ただ伸びをしてるだけですね。


えーっと、どの写真だったっけ?

DSCF2909.jpg

・・・あ、これも遊んでるんじゃなくて、椅子にかみついてるだけですね。(って、おいコラ)


あ、ありました!

DSCF5085.jpg


我が家は朝が遅いので、とっくに起きて退屈しているクマが
寝室の外でひとりで遊びながら 私たちが起きてくるのを待っています。


DSCF5095.jpg


ネコ雑誌のふろくの このオモチャが、クマの中で空前の大ブーム。
プラスチックの持ち手がついていたのですが、床に当たって うるさいので外しちゃいました。


私がコーヒーを飲みながら新聞を読んでいる横で
こんな風にクマがひとりで楽しく遊んでたりしたら、さぞかし絵になるザマスねえ~。(←誰?)

でも、それは絵に描いた餅です。(←使い方、間違ってます。)


クマは、私が起きている間は絶対にひとりでは遊びません。
いえ、ホントは できるんですけどね。

DSCF5439.jpg

ニャン吉「それを、世の中では『ひとり遊びができない』と言うのです。」


世良くんと同じように、オモチャをくわえて持ってきて 一緒に遊ぶことを強要します。

DSCF5421.jpg

クマ「今度はBacoがこれ口にくわえて走る番だよ。」


まあ、だいたいは一緒に遊んであげますが、
私にだって ゆっくりとくつろぎたいときくらいあります。
楽しみにしていた「NHKスペシャル」が今から始まるのかもしれません。

そんなとき、クマの情熱的な誘いを無視していると・・・

肩をたたかれます。
(↓この座椅子に私が座っていると思ってください。)

DSCF5232.jpg

クマ「あのー。」

これでも無視していると、頭をたたかれます。

ネコにぽんぽんと頭をたたかれながら、
まじめな顔で シリアスなドキュメンタリー番組を見ていられる人がいるでしょうか?

私には、ムリです・・・。



ちなみにニャン吉は、オトナなレディなので オモチャではあまり遊びません。
でも、自分が追いかけっこをしたい気分のときだけ、クマを誘います。

DSCF3991.jpg

ニャン吉「やる?」
クマ「やるやるやる!」

クマの返事は100%OKですが、クマから誘うときはニャン吉の気分次第です。
ときどき、私にやるように ニャン吉の頭をぽんぽんとたたいて、
「シャーッ!!」と やられてます。

私に対するのと同じ感覚でニャン吉に接してはいけないということを、
クマにも早く学んでほしいものです・・・。

22:03 | 未分類 | comments (18) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。