スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ゆるい午後。

物陰から カワイイものがのぞいています。



白くてフワフワ、これなあに?


DSCF4434.jpg

あ、もしかして・・・


DSCF4434usa.jpg

ウサギさん!?

と、思ったら・・・


DSCF4434a.jpg

しましましっぽが見えてるよ!


わかった!そこにいるカワイコちゃんは ニャン吉だね!?


DSCF4438.jpg

ニャン吉「ぐちゃぐちゃ うるさいわね。」

ピンポーン♪ 正解~♪♪


DSCF4440.jpg

ニャン吉「今日からGWだってのに、そんなことしかすることないワケ?」



・・・そんなこと言われてくやしいので、
もふもふパラダイス(by rinkoさん)の ももちゃんや
空飛ぶねこ(by エイミーさん)の はなちゃんが
ヘアスタイルをチェンジして遊んでいたので 真似っ子してみることにしました。

小悪魔風にしてみましたが、いかがでしょう?

1.jpg

ニャン吉「なかなか いいわね。今度、「アクア」でやってもらおうかしら。」


ひとりで原宿のカリスマ美容室に行ってたとは 知りませんでした・・・。

スポンサーサイト
18:28 | 未分類 | comments (20) | trackbacks (0) | page top↑

パソコン、復活!

入院していたパソコンが 無事帰ってきました!
増設メモリに不具合があったということで、「原因はネコ毛疑惑」も晴れました。

大好きなパソコンの帰りを待ちわびていたはずのクマ。
宅配便が届いたとたん、パソコンよりも梱包用のダンボールに夢中です。



クマ「ボクが入る!」

このダンボールは、ノートパソコンを運搬するためのスペシャルバージョン。

衝撃を吸収するために 特殊フィルムでパソコンを挟み込み、
ダンボール箱の中空に吊るして運べるしくみになっています。

簡単に言うと、ダンボールの枠組みに 超強力なサランラップをはったようなもので
ノートパソコンの上下をはさんで固定するのです。

DSCF4514.jpg

クマが乗っても、大丈夫!


絶妙な密着感とクッション感が ことのほかクマのお気に召したようす。
ダンボールから離れません。

DSCF4479.jpg

ナナメになってても、負けずに乗っかってます。

このフィルムは パソコンの上下に使われているので ふたつあります。
もうひとつを、クマにかぶせてみました。

DSCF4351.jpg

クマ「窓!?」

うれしそうなので、ちょっと押し付けてみました。

DSCF4463.jpg

クマ「Bacoが ボケてるよ!」 (ボヤケてるといいなさい。)

・・・ウプッ 耳が折れてる

えいっ フタしめちゃえっ!

DSCF4361.jpg

クマ「チンするの!?」

ラップされた もも肉みたいだしね。

・・・ていうか、アンタ少しは嫌がりなさいよ。


DSCF4487.jpg

ところで、こんなふうに 透明のものに乗っかってたら
下から見たくなるのが人情というものです。

見てみました!

DSCF4497.jpg

ウププッ 肉球がつぶれてる~


DSCF3921.jpg

ニャン吉「何をされても楽しいヒトって、きっと 生きやすいんでしょうね・・・。」


20:14 | 未分類 | comments (20) | trackbacks (0) | page top↑

パソコン、入院中。

久しぶりの更新です。
コメントへのお返事もすっかり遅くなってしまい、ごめんなさい。

実は、愛用の抹茶パソコンが突然壊れてしまったのです!
買ってからまだ一年たってないのに・・・。

先月も、ちょっと調子が悪くて 見てもらったら
内部に大量のネコの毛が!
掃除をしてもらって、一旦は良くなったのですが
今思えば あれが予兆だったのかもしれません。

抹茶パソコンが入院中なので、古いパソコン「ソロちん」を引っ張り出してきました。

IMG_3099.jpg

ニャン吉「これがソロちんです。」

もともとはソロちんが瀕死だったから パソコンを買い換えたのに
そっちが入院したらまた呼び出されるなんて、
「どうせ私は都合のいいパソコンなのよね」って感じですね。


IMG_2615.jpg

こんなふうに ネコが始終乗っていたら そりゃあ毛が内部に入りますよね。
精密機械なんだから、やっぱり影響あるだろうなあ・・・。

がんばってるとはいえ、ソロちんは基礎体力のないパソコンなので
ちょっと負担の重いことをさせると落ちてしまいます。
抹茶パソコンが退院してくるまで、写真をインストールしたりするのは難しそう。
(今日使ってる写真は もともとソロちんに入っていた古いものです。)

しばらくの間 ブログの更新やみなさまのところへの訪問が滞るかと思いますが
そういうわけですので、どうぞご心配なく♪


IMG_2423.jpg

クマ「こわしたのは全然ボクじゃありません。」

「毛害対策」、したほうがいいかな・・・。

11:08 | 未分類 | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

ネコを撮った。

先週末に買ってきた、岩合光昭カメラマンの「ネコを撮る」
どうやら「道端のネコを撮る」ためのテクニックのほうがメインテーマのようでした。

でも、野良猫にアプローチする方法なんかは読んでるだけでも面白いし、
撮影のコツは 参考になることがいくつもありました。


えーと、ネコの目線にあわせて 低いアングルで撮るといいんだって。



目線、バッチリです。
あ、でも背景がゴチャゴチャ・・・「背景をシンプルに」って言ってたな。


それに、「カワイイから撮る」のではなく、「構図作り」の考え方が必要だそうな。
その構図から、物語が広がっていくような写真ってあるもんね。

DSCF4018.jpg

構図:「ニャン吉とコタツ」

ずいぶん地味な物語ですね・・・。


あと、「ネコがじっとしてくれないのなら、動いているネコを撮ってみなさい」とありました。

DSCF3360.jpg

イワゴーさん、ムリです!!


まあ、指南書を読んだからといって すぐにプロみたいな写真が撮れるわけないですよね・・・。


でも、先日の記事に対して
「ニャン吉とクマの写真をこんな風に撮れるのは 世界中でBacoさんだけだよ!」
というようなコメントをいくつかいただきました。

そうですよね! (←すごくウレシイ。)

何てったって、ニャン吉は、お客さまが大キライ。
どんな有名カメラマンが来ようと、姿を現さないのでは撮ることができません。フフフ・・・。

DSCF3997.jpg

ニャン吉「近っ・・・。」

ましてや、こーんな ドアップの写真、私にしか撮れないのだ!


クマは、たぶん どんなカメラマンが来ても
いつもどおりの 百変化ポーズを披露するとは思うけど、
お客さまが大好きなので 逆にコーフンしてじっとしてられないはず。

DSCF4005.jpg

だから、こんな熟睡中のクマを撮れるのも、私だけということですね♪

18:39 | 未分類 | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

本屋さんは 好きですか?

土曜日は マルヨが夕方からお出かけだったので、
久しぶりに ひとりで都心の大型書店に行ってきました。

私は子供の頃から本が大好き。
本屋さんも、もちろん大好きです。
世の中には、まだ読んでいない面白そうな本がこんなにあるのかと思うと
くらくらするような幸福感に包まれます。

フロア間を行ったりきたり、うろうろしてたら
あっという間に 2時間もたっていました。
(ついでにデパートにも寄ってこようと思ったのに閉店しちゃった!)


こんなにいっぱり買っちゃった・・・。




上段の3冊は、ロバート・B・パーカーの「スペンサーシリーズ」。
カテゴリとしてはハードボイルドの探偵モノなのですが、
タフな主人公、探偵スペンサーが 軽口はたたくし 料理は得意だし 大好きな恋人もいるしで、
クールで無口で孤独を好むような、いわゆるハードボイルドのヒーローとは一味違っていて
そこがまた魅力的なのです

「名はスペンサーだ、サーの綴りは、詩人と同じようにSだ。
ボストンの電話帳に載ってるよ。《タフ》という見出しの頁にな」


という名セリフも、スペンサーが言うからこそ くさくならず、カッコイイ!


下段の3冊は、年下の女の子に薦められて読み始めた幸田文。
小説も多数ありますが、私はこの人の随筆が好きです。
エッセイではなく あえて「随筆」と呼びたくなるような、
丁寧でいて洒脱な文章の流れが とても心地いいのです。


そして、この本。書店で手に取られた方も多いのではないでしょうか。

DSCF3889.jpg

「ネコを撮る」
岩合 光昭/朝日新書

こんなカワイイ しおりがついていました♪

動物写真家、イワゴーさん。
ネコを撮らせたらこの人がイチバン、と私は思っています。

カレンダーや写真集のコーナーに行けば、可愛いらしい仔猫の写真があふれていますが
岩合氏の撮るネコたちの、圧倒的にリアルな愛らしさは 明らかに一線を画していると思うのです。
(私、エラそうですか?)

この本を読んだら、あんな写真が撮れるようになるかな・・・?


というのも、私はうちのネコたちの写真をとるのに
個々の資質に頼りすぎていると 反省しているのです。

ニャン吉の場合、明らかにその美貌に頼っています。

DSCF0900.jpg

ピンボケじゃん!・・・・でも、カワイイし♪


クマの場合は、おもしろさが身上です。

DSCF2894.jpg


最近では、おもしろいことをしてくれないと
クマの写真を撮らなくなっている私がいます。


岩合氏の本を読んで、勉強しようっと・・・。



19:00 | 未分類 | comments (20) | trackbacks (0) | page top↑

加トちゃん かと思いました。

先日の「ブログ1周年記念日なんです!」という自己アピール記事では
みなさまから暖かいコメントをたくさんいただき、ほんとうにありがとうございました。

年のせいなのか、最近ニャン吉とクマのことが ますますかわいくて仕方ありません。
ネコバカ道まっしぐらですが、同じ穴のムジナの皆様、これからも仲良くしてくださいね♪


さて、本題です。

突然ですが、皆さんは
「お土産の折り詰めを手に千鳥足」
という、正統派の酔っ払いって 現実に見たことありますか?(←そ、それが本題・・・!?)

私は、ドリフターズのコントか サザエさんのマンガくらいでしか見たことがありませんでした。
あの中身は何が入ってるんだろう?とも思っていました。

こないだ、それをナマで見ちゃったんです。
うちに 来たんです。

ていうか、マルヨです。

お土産も ありました。

DSCF3848.jpg

中身は 焼き鳥屋さんの キジ焼き丼でした。

マルヨは意識はちゃんとしてるものの、足元がフラフラ
お酒にはかなり強いヒトなので、ちょっとビックリ。
この日はちょっと体調が悪かったみたいで、予想外にお酒がまわってしまったようです。

絵に描いたような 酔っ払いの姿を見て コーフンした私は、
マルヨが寝たあとに 深夜にもかかわらず このキジ丼、完食してしまいました・・・。

先日、『猫が王子様☆ (…夫は?)』(by みかさん)
世良くんが「酔っ払っいはキライ」なのだという記事がありました。(その記事はコチラ)
みかさんが酔っ払って、寝たまま歌ったりするのが イヤみたいです。(←あ、バラしちゃった。)

うちのニャン吉も 酔っ払いは苦手みたいです。
避難場所の、テレビ台の下に逃げ込んでしまいました。

酔っ払いが、というよりは「いつもと違うのは全てイヤ」なのだと思いますが。

DSCF3649.jpg

ニャン吉「そんなヨチヨチ歩き、マルヨじゃない!」


一方クマは 全然気にしません。
むしろ、焼き鳥やタバコなど、いつもと違う匂いをまとって帰ってきたマルヨに興味深々。

DSCF3865.jpg

クマ「シメに タマゴかけご飯食べたね!」


とは言え、ニャン吉姐さんは間違いなく酒豪なタイプ。
シャンパン日本酒も、何でも来いです。
飲ませて落とそうなんて思ってたら、先にアナタがつぶれます。

クマは私と同様、すぐ酔っ払っちゃうに違いありません。

こんなふうに・・・(クマの酔っ払い動画はコチラ)

※クマのよだれまみれになっている物体は、中にマタタビの粉を入れて私が作ったオモチャです。
サカナ型に作ったつもりですが、もはや青虫にしか見えません・・・。
 
22:36 | 未分類 | comments (12) | trackbacks (0) | page top↑

今日から二年生。

ブログをはじめて、一年がたちました!



クマ「Baco、おめでとー!」

日記のたぐいは 続いたためしのない私。
ブログなんて もっとめんどくさいんだから、3日も続かないかも・・・
と弱気なスタートをきったのが 一年前の今日

すぐに挫折しちゃったら恥ずかしいからと
2週間くらい マルヨにもヒミツにしていました。

ある日突然、
「今まで隠してたことがあるの・・・。」
と、カミングアウト。マルヨさん、ギョッとしてました。

このブログの主役はもちろんニャン吉とクマですが、
実はマルヨは影の功労者。

時にはダメ出し、時には絶賛。ネタの提供も惜しみません。
そして何より「ネコりんぼ。」の更新を 誰よりも楽しみにしています。


DSCF2685.jpg

ニャン吉のアップ画像に うっとりするマルヨ。
(クマは目に入っていません。)


DSCF3828.jpg

ニャン吉「マルヨは、皆さまからいただくコメントまで 全部読ませていただいています。」


私がブログをはじめたきっかけは 増え続ける一方の膨大なネコ写真のデータを整理するためで、
どちらかというとアルバムを作るような感覚でした。

なので、こんなにいろいろな方と 交流ができるようになるとは思っていませんでした。

正直な話、ブログをはじめるまでは
「ネット上で人と知り合うなんて、何か怖いし 興味ないし。」
と思っていました。

ところが・・・。

星の数ほどあるブログの中で、貴重な出会いがたくさんありました。
年齢も、仕事も、住んでるところも バラバラで
本来なら 一生めぐりあうはずもなかったひとたち。そしてもちろん、ネコちゃんたち・・・。

みなさんのことを、とても大切に思っています。
お友達になれて、ほんとうに うれしいのです。
いつも来てくださり、お声をかけていただいて 本当にありがとうございます。


どうぞ、これからもよろしくお願いします。


                           2007.4.11 Baco、マルヨ、ニャン吉、クマ




<追伸>
わたしも1周年記念企画を・・・と思いつつ、タイムオーバーになってしまいました。
2周年まで待たずに、機会を見つけて何かやってみたいと思っています。
そのときは、どうぞ皆さま 参加してね♪


01:08 | 未分類 | comments (26) | trackbacks (0) | page top↑

夏までに・・・。

ここ数年、自己流でヨガ的なエクササイズを したりしなかったりしていた私ですが、
そんなことでは この慢性的な運動不足を解消できないことに気がつきました。

DSCF2423.jpg

ニャン吉「今まで 気づいてなかったことが驚きだわ。」


そろそろヨガにも飽きてきたところだったので、
話題の「インスパイリング エクササイズ」をはじめてみました。

女優の竹内結子も、これで産後の身体を引き締めたというウワサのエクササイズ。
深部筋(インナーマッスル)を鍛えつつ、骨盤のゆがみも直していくことで
冷えやむくみも改善し、痩せやすい身体をつくっていくんだって。

随所に散りばめられた魅力的なワードに すっかりやられてしまった私です。
これで、今年の夏はわたしのものですね。(←そうなのか!?)


ところで、この「インスパイリング エクササイズ」では、
骨盤をゆるめるエクササイズで「ひも」を使います。
そう、やつらに大人気の、あの「ひも」です・・・。


DSCF3783.jpg

クマ「ひもーーー!!」


ただでさえも、下に敷くヨガマットがお気に入りなのか
エクササイズを始めるとネコたちが寄ってくるのですが
そのうえ こんなひもがひらひらしてたら そりゃあ黙ってるわけないですよね。

こら、返しなさい!!

DSCF3793.jpg

クマ「Bacoばっかり 遊んで、ずるい!」

遊んでるんじゃないの、オトナの女はいろいろ大変なの!!
ね~、ニャン吉♪

DSCF2993.jpg

ニャン吉「アタシは そんなヘンな体操必要ないから。」

キー!じゃあ ヨガマットから降りなさいよ!


DSCF3798.jpg

クマ「仲間外れは ダメ~~~!!」

わかったわかった、じゃあ ちょっとだけ遊ぼうか。


DSCF3795.jpg

ニャン吉「Bacoの新エクササイズ、早くも企画だおれの予感がします。」

13:36 | 未分類 | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

ニャン吉 受難の日。【後編】

虐待スレスレで病院に連行されたニャン吉。(前編はコチラ
歯のチェック、健康診断までは無事に終了しました。

・・・が!

ニャン吉には もうひとつ、耐えねばならない試練があるのです。

それは・・・ ザ・肛門腺しぼり!!

IMG_3184.jpg

ニャン吉「Oh、Nooooooooo!!」 (←外人?)


肛門腺しぼりは、ネコ界ではそれほどポピュラーではないかもしれません。

犬や猫は おしりの穴のそばに「肛門腺」という分泌物がたまる 袋のようなものがあり、
それが溜まったら外に排出する穴もあります。

通常は、排泄のときなどに自然に出ていくのですが
その発散がうまくいかないと、化膿したり炎症をおこしたり、
ひどい時には破裂してしまうこともあるのです!

それを防ぐためには、たまった肛門腺を人間の手でしぼり出してあげないといけないのですが、
ほとんどは小型犬で ネコの肛門腺がつまることはそれほどないそうです。

私は子供の頃からネコを飼っていましたが、そんな話は聞いたこともありませんでした。
ニャン吉の肛門腺がつまるまでは・・・。

IMG_1318.jpg

当時、治療後エリザベスカラーをつけられて 拗ねるニャン吉。
ニャン吉「こんなダサいのイヤ・・・。」


ネコでも体質によっては肛門腺がつまってしまうことがあるそうです。

数年前、ニャン吉のようすが何かおかしいので、体をあちこちチェックしていたら
おしりのあたりが血まみれに!夜中でしたが救急病院に駆け込みました。

わたしたちの知識がなかったために 発見が遅れ、肛門腺が膿んで炎症を起こし、
ニャン吉に ものすごくつらい思いをさせてしまったのです。

それ以来、ときどき病院で肛門腺しぼりをお願いしています。


・・・というわけで、今日も肛門腺しぼり一丁、お願いしまーす♪



ニャン吉「しょせん 他人事だわね・・・。」


この肛門腺、液体からどろっとしたものまで個体差があるのですが
ニャン吉は固いほうです。固いほうが当然、詰まりやすわけですね。

で、どんなふうにしぼるのかといいますと・・・。

IMG_4259.jpg

こんな体勢のうえ、しっぽを上にぐいっと持ち上げられて おしり丸見えの状態で
肛門腺をしごくようにして分泌物をしぼりだします。
(※ 女の子のニャン吉に配慮して、クマの画像でお送りしています。)

まあ、カナリ嫌なことには違いありませんが、だいたいは2~3分で済んでしまいます。

ところが・・・

今回、肛門腺の量はたいしたことなかったのですが
いつもにも増して とても固いタイプだったのです。
とてもしぼりにくいのですが、固いからこそ 放っておくと詰まってしまう可能性大!

わたしに上から押さえつけられ、逆立ったシッポはぎゅっと持ち上げられ、
えんえんと15分くらい 先生に肛門腺をしぼられ続けるニャン吉・・・。

病院ではいつも 恐怖のあまり、一言も発せずに固まってしまうニャン吉。
「おりこうさん」で通っていますが、この日ばかりは泣き叫んでしまいました。

IMG_3663.jpg

ニャン吉「フギーーッッ▲%☆#◆○■@!!」
(しかも低音。)


ようやく肛門腺しぼりは完了しました。量にしたらパチンコ玉ひとつ分くらい。

もはや、声も出ない放心状態のニャン吉を抱えて帰宅。
キャリーバッグを開けるなり、試験管ブラシみたいなシッポを抱えて2階へ駆け上がっていきました。

DSCF3800.jpg

クマ「ニャン吉、おかえり!あのね・・・あれ、どこ??」

ニャン吉は 病院から帰ってくると とりあえず安全な場所に避難して
体勢を立て直す「リカバリータイム」を必要とするのですが、
この日はその「リカバリータイム」が、いつもより長かったような気がします。

私も人間ドッグで「直腸検診」の経験がありますが、
あれと似たようなことを15分もされ続けたら・・・と思うと それも納得。

でも、かわいそうだからやめるというわけにはいかないのだよ。
そこんところ、わかってね。



ニャン吉「もう、おヨメにいけない・・・」


そしてもうひとり、影の受難者が。
ニャン吉が病院に行くと 何よりもキライな「ひとりぼっち」にされてしまうこのヒト。

DSCF3002.jpg

クマ「ひとりでお留守番は、二度とゴメンだ!」

01:41 | 未分類 | comments (18) | trackbacks (0) | page top↑

ニャン吉 受難の日。【前編】

今日の東京はカミナリゴロゴロ、大荒れのお天気。
冬に戻ったような寒さで、なんとみぞれまで降りました!

ネコたちのためにエアコンをつけて外出してよかった♪


さて、昨日の話なんですが・・・



ニャン吉「Baco、キライ。」

あらら、すっかり嫌われてしまいました。
実は、きのうニャン吉を病院に連れて行ったのです。

といっても 特に具合が悪いというわけではありませんので ご心配なく。
前にも記事にしたことがあるのですが
ニャン吉はときどき病院で歯石を取ってもらっているのです。

ニャン吉を病院に連れて行くにあたって、キャリーに入れるまでが勝負です。
この日は朝から「今日はニャン吉を病院に連れて行こう」と思っていたのですが、
敏感なニャン吉は 私の微妙な思考のゆらぎをキャッチしてか 近くに寄ってきません。

DSCF2333.jpg

ニャン吉「そんな 泳いだ視線で追われたら 誰だって分かるわよ。」

ニャン吉がそこにいるのにも気づいていないようなフリをして
何気なく近づいても、それを上回る何気なさで離れていくニャン吉。
ふたりの距離は縮まりません。

そんなことをしていたら 夕方になってしまい、
「もう今日はやーめたっ!」と決心したとたん、私の目の前を悠々と横切るニャン吉。

DSCF2194.jpg

ニャン吉「そうそう、そんな小さなことにとらわれてると 大切なことが見えなくなるわよ。」


私、このしまねこに ココロ全て読まれています。

ニンゲンなめんなよっ!と コタツの中のニャン吉を強制捕獲。
有無を言わせず キャリーケースに押し込みました。


110.jpg
ニャン吉「虐待110番!!」

キャリーにさえ入れてしまえば、観念するのか あるいは恐怖のあまりか
ニャン吉は固まってしまい、一言も発しません。
ネコ型のキャベツ人形を運んでいるようなものです。

車に乗せて 病院に連れて行くまでの道中、あまりにも静かなので
もしや抜け穴を掘って逃げたか?と思って
思わずキャリーの上から触って確認しました。(ちゃんといました!)

せっかく 夕方までかかって捕獲して 病院に連れてきたのだから、と
ついでに血液検査による健康診断もやってもらうことにしました。

DSCF3647.jpg

ニャン吉「”ついで” って! 注射して 血とられたわよ!(怒)」


血液検査の結果は、問題なし!

DSCF3802.jpg

ニャン吉さん、健康です♪


問題の歯のほうですが、サイエンスダイエットの「歯も健康」のおかげか
歯石はあんまりついていませんでした。

ただ、歯ぐきがやせて ちょっと歯が浮いてきちゃっています。
歯肉炎をおさえるための 抗生剤の入ったお薬を塗ってもらいました。

特に進行がヒドイというわけではないのですが、予防という意味で先生とも相談し、
お家でも週に1回ほど このお薬を塗ることにしました。

DSCF3805.jpg

指につけて、歯ぐきに塗ってあげるんです。

まあ思っていたよりは歯の状況もよくて、ホッとした私とニャン吉。


・・・しかし、ここから先、ニャン吉を悪夢が襲ったのです!

長くなったので、明日に続きます。



narutohane.jpg
クマ「いや~、あんな展開になるとはねえ~。」

アンタは何も見てないでしょ!!

22:42 | 未分類 | comments (10) | trackbacks (1) | page top↑

さくら三昧。

先週の金曜日、友人が住んでいる国立でお花見をしてきました。

お花見とはいっても、「寒いのはヤダ」とか「固い地べたに座るのはヤダ」とかワガママな私たちは
桜の下で宴会ではなく、レストランでランチ。
お店までの歩く20分ほどの道のりで しっかりと桜を堪能しました。



駅からまっすぐ伸びる大学通りは、ずーっと桜並木が続いていて圧巻です!



そして土曜日は、地元の公園の桜を見ながらお散歩です。

DSCF3756.jpg

こちらも満開♪

DSCF3761.jpg

お花いっぱい夢いっぱいの背景に そぐわないマルヨ。(一服中)

後ろに見えるのは、園内をゆっくりと走るシャトルバス。
これに乗ってまったりとお花見を楽しむことにしました。


DSCF3775.jpg

桜のトンネルの下を走ります。
途中、公園で遊ぶ子供たちが手を振ってくれました。


DSCF3769.jpg

この公園には馬やポニーもいます。
子供は無料でポニーに乗ることができるので、今日も大人気。


DSCF3770.jpg

ネコのポーズをするポニーを発見!


DSCF3642.jpg

それにしても、馬って なんて優しくて聡明なお顔をしているんでしょう。


DSCF2895.jpg

いえ、誰かと比べてるわけじゃないんですけどね・・・。

11:57 | 未分類 | comments (16) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。